ホンダヴェゼルの感想その2装備

ホンダヴェゼル感想その1燃費からのつづきです。

ホンダヴェゼルを購入する際、ガソリン車は最初から考えませんでした。
ハイブリッドZにするかハイブリッドXにするかで迷いました。

人それぞれだとは思いますが、私はZにしてよかったと思っています。
独断と偏見ですが、その理由を書きます。
グレイス、ジェイド、シャトルなどを購入したい人の参考にもなると思います。

■あってよかったと思うもの

《その1》運転席&助手席シートヒーター

寒冷地に住んでいるわけでもないし、エアコンがあればこれは不要だろうと思っていました。しかし実際に使ってみると、これはエアコンより快適です。
エアコンは暖かくなるまでに少し時間がかかるので、こちらの方が早いです。
おしりや背中がぽかぽかするのは、温水シャワー便座と似たような感覚です。
ずっと使っていると燃費が低下するようなので、エアコンが効くまでの間使っています。
もちろん夏はエアコンです。

Vezel4

《その2》電動格納式リモコンカラードドアミラー(スマートキー連動)

ハイブリッドXにしていたらオートリトラミラーというオプションを選ぶつもりでした。
ドアロックに連動してミラーがたたまれるため、ドアがロックされたかどうかが見てわかるものです。
ハイブリッドZにはその設定がないので変だと思っていました。
しかしドアにあるロックボタンを2回押すと、ドアミラーがたたまれるという機能がありました。
スマートキーを2回押しても同じことができます。
これがあれば、オートリトラミラーはなくてもいいです。


《その3》コンビシート

 オプションで本革シートもあるけど値段が高いので、これぐらいがちょうどいいです。
フロントシートの背面と座面の一部が本革で、残りはプライムスムースという人工皮革でできています。
もう半年以上たちますが、今でも皮革の香りがします。
わずかな高級感ですが、ハイブリッドXに乗り込むと、ハイブリッドZにしてよかったと思います。

Vezel1


《その4》カラードボディロアガーニッシュ

 タイヤハウス周りなど、ボディ下部のぐるっと1周がグレーのプラスチック色かボディ同色かの違いです。
私のように濃い色を選んだ場合はそれほど気になりませんが、白の場合はとても目立つので、やっぱりボディ同色の方がいいです。
会社の同僚がマツダのデミオスカイアクティブDを買ったのでいいなあと思ったのですが、上級グレードでもこの部分がボディ同色ではないので、やっぱり白は似合わないと思いました。


《その5》ラゲッジルームハードボード

ハイブリッドXならこの部分はペラペラの薄いトノカバーです。
ハイブリッドZはちゃんとした造りのボードになります。


■なくてもよいと思うもの

《その1》左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー
 左右で温度を変えることがありません。
2倍の能力があるわけでもありません。

Vezel3_2


《その2》17インチアルミホイール(スポーツタイプ)
 アルミなのにかなり重いので、燃費を悪くしているだけです。
Vezel2


《その3》自動防眩ルームミラー
 暗いところでバックしようとすると景色が全く見えません。

《その4》プリズムアンダーミラー
 小さすぎて地面が全く見えません。

《その5》リバース連動ドアミラー(助手席側)
 プリズムアンダーミラーがなければまだましなのに、ミラー部分が小さいので、下を向いてもあまり効果ありません。
結局バックするときにはここは見ていません。

《その6》ルーフレール
 ルーフに何も乗せない人には、ただ重量を増やすだけのものです。

《その7》雨滴検知式フロントワイパー
 ワイパーを動かす間隔が、今一歩自分の感覚と合わないのです。


-----------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダヴェゼル感想その1燃費

ホンダヴェゼル購入記録(交渉編)からのつづきです。

Vezel01


今日、新車6ヶ月点検をしました。
11月から4月まで、半年乗ってみての感想を書きます。
購入した車はホンダヴェゼルハイブリッドZです。


燃費は通常はリッター18~19kmぐらい。
冬の間でこのぐらいなら、これからののびが楽しみです。

それほど渋滞しない道路を片道25分くらい、通勤で毎日走っています。
一度旅行をしましたが、高速道路でもリッター21kmぐらいで、それほど変わりませんでした。
時速60kmを超えると、EV走行にはなかなかなりません。
町中を走っている時の方が、EV走行になる機会が多いので、燃費はそれほど下がらないのではと思います。


燃料のメーターが残り2めもりになってしばらくすると、燃料を補給するよう促す警告が出ます。
どこまで走れるかを確かめたかったので、ギリギリまでがんばってみることにしました。

残りの走行可能距離も表示されますが、あと「30km」走れると表示されていても、そこからの減り方がとても早いです。
実際はその半分ぐらいで「0km」になってしまいました。(そのとき燃料残量計もめもりはゼロです。)
しかし走行可能距離が「0km」になってもまだ走ることができます。
そこでガソリンスタンドへ行くと、38リットル入りました。
まだ2リットルは残っている勘定です。

ある程度限界はわかりましたが、ガス欠ではしゃれにならないのでこれからはもう少し早めにガソリンを入れることにします。


ただひとつ気を付けたいのは、スタートがもっさりしていると感じることです。
アクセルがとても重く、スタートダッシュでは軽自動車にも簡単に負けます。
これが耐えられなくて、すぐに手放してしまう人がいるんじゃないかと心配するほどです。

別の車(軽自動車)を運転することになったとき、アクセルを踏みすぎて急発進してしまい、ビックリしました。
いつもこんなに力を入れてアクセルを踏んでいたんだとわかりました。


この原因は、リアクティブフォースペダル(RFP)です。
簡単に言うと、燃費をよくするためにアクセルペダルの動きを鈍くするというものですが、これがアクセルレスポンスをとても低下させていると思います。
燃費はよくても、これでは運転が楽しくないです。
VESELは燃費だけを追求した車ではないはずです。

Vezel02


RFPという機能は「OFF」にはできないのですが、「弱」にすることはできます。
メニュー画面で変更することをお勧めします。

Vezel03


ホンダヴェゼルの感想その2装備へつづく。


-----------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダヴェゼル購入記録(交渉編)

ホンダヴェゼル購入記録(購入前編)からのつづきです。

■9月20日(土)

※ホンダカーズA店。
試乗する。
色はルーセブラック。
試乗といっても言われたとおりにすぐ近くをぐるっと1周するだけ。
よくわからない。
本当は加速とか燃費とかいろいろ試したいんだけど。

もどって商談。
最初は値引き5万、下取り38.5万(基準値らしい)。
価格コムなどでの20万引きの話があることや、下取りしないで買い取り店へ持って行くかもしれない話をする。
値引き10万、下取り40万に上がる。
Xなら207万、Zなら223万になった。
買い取り店の話をすると、ビッグウェーブが買い取り価格が高いと言っていた。


※ガリバー
ビッグウェーブへ行く手前にあるので先に入る。
査定してもらった。
簡単に言うとヴェゼルは納車まで1ヶ月以上かかるので、その頃もう一度来いということだった。
今すぐなら50万円~60万円で買い取れる。
CR-Vは海外での人気が高いということだ。
ホンダカーズでは国内だけだから高くならない。
サブウーハー、ETCなどは査定外なのではずしてもよい。
スピーカーはケンウッドですね。(えっ?そんなとこまで見たの?)
スピーカーは海外では純正の方が高くなる。(つまり取り替える前のをとっておくとよかった。)




■9月23日(祝)

※ホンダカーズB店
ホンダカーズの次の名前が違えば別会社なので競合可能だ。
ここはCR-Vを購入した店なので期待大。
相手をしたのは若い男。
試乗する。
色はミスティグリーン。やっぱりグリーンがいい。
商談。
値引き3万、下取り40万。
値引き20万を要求するも撃沈。
店長に話しに行ったが、早々に白旗をあげた。
ガリバーの話をするも下取りも50万は無理。
一応保留にしたが脈は薄そう。
それでも帰りにASIMOのバスタオルをくれた。


■9月28日(日)

※ホンダカーズA店(2回目)
CR-Vは買い取り店に売ることに決め、下取りなしで再度見積もりしてもらう。

値引きは10万円のまま。
カーナビ、バックカメラ、ETCなどは通販で購入し、取り付けだけしてもらうことにした。
フロアマットも通販の方が安い。
ドアバイサーとナビ取り付けをオプションにし、そこから1.5万円値引き。
本革製キーカバーとタッチアップペイント、ガソリン満タンなど無料にしてもらい契約した。
ナビから出ているUSB端子やHDMI端子を純正ナビと同じように出すことや、ステアリングリモコン取り付け、CR-Vのサブウーファーの移植もお願いした。


※楽天
ドアバイザーは8,980円、フロアマットは7,000円ぐらいからあり。
ドアバイザーは取り付けが面倒な感じなので、ホンダカーズにおまかせすることにした。
フロアマットは純正だと32,000円ぐらいなので通販で購入することに。
ものすごく毛足の長いふかふかのものでも純正の半額以下だ。

★ホンダヴェゼル用アクセサリー★

カーナビは、CR-Vにつけているパナソニックのストラーダの音質にとっても不満があるので、パイオニアのカロッツェリア、サイバーナビAVIC-ZH0099Sにすることに。
クルーズスカウターという、実写映像を使ったナビゲーションがおもしろい。
ドライブレコーダー代わりにもなるらしい。

Navi

オートバックスでは本体が198,000円で、取り付け工賃はキャンペーン中で1万円ぐらい。
一方、楽天の通販では140,000円ぐらいで購入できる。
ホンダカーズでの取り付け工賃は高いが、それでもおつりが来る。

取り付けに必要な部品もネットで検索。
・ETC カロッツェリアND-ETC6
・バックカメラ カロッツェリアND-BFC200
・ステアリングリモコンケーブル パイオニア KJ-H101SC
・ナビ取り付けキット KJ-H40DE
・HDMI延長ケーブル


・インターナビ用USBフェイスパネル83411-T7A-003ZA、USB端子スイッチカバー39115-T5A-J01、HDMI端子スイッチカバー 39119-T6A-003はホンダカーズに手配してもらう。

Img64

■10月25日(土)

※ビッグウェーブ1回目
 納車予定日が近くなってきたので、CR-V買い取り価格の交渉に行く。
最初は48万円。交渉で50万に。

※オートベル1回目
 名刺を見ると店長と書いてある。ちょっと期待。
だが最初は43万円。少しがっかり。
ガリバーの価格を教える。
(1ヶ月前なら高い価格を提示しておいて、納車日近くになったら安くしてしまうこともあると店長は言っていた。)
ビッグウェーブの価格はまだ伏せておいた。
ガリバーに行ってみることを伝えておいた。

※ガリバー2回目
 他2店のようすがわかったので、一番期待して店に行く。
1ヶ月前にも査定したが再度車を査定した。
出てきた価格は38万円~40万円。
1ヶ月前ならあの価格(50万円~60万円)だったと言われ、大ショック。
期待を裏切られた。
オートベルの店長の言うとおりだった。
疲れた。
交渉する気になれなくて、すぐに店を出た。

※オートベル2回目(電話)
ビッグウェーブの50万円で決めようかと思ったが、オートベルが交渉の余地がありそうだったので電話。
ガリバーとビッグウェーブの話をした。
50.3万円と刻んできた。

※ビッグウェーブ2回目(電話)
 オートベルの価格を伝える。
少し待って向こうから連絡があり、53万円になる。

※オートベル3回目(電話)
ビッグウェーブの53万を伝える。
53.3万円とまた刻んできた。
店長の割に、上乗せ額がちょっとせこい。

※ビッグウェーブ3回目(電話)
 オートベルの価格を伝える。
本部と連絡するとのことで今回も少し待つ。
しばらくして連絡があり、55万円になる。
こちらとしてはイタチごっこ大歓迎なのだが、店としてはもうこれ以上は無理とのことで、すぐに契約してくれるならという条件付きだった。
一旦は50万円で手を打つつもりだったし、そこから5万円アップならまあいいかと思い、契約することにした。
オートベルにはお断りの電話をした。


ホンダカーズの下取り額40万円と比べれば15万円アップとなった。
買い取り店の利用は初めてだったが、とてもおもしろかった。
自動車購入の値引きには、下取り価格分も含めて考えないといけないことがよくわかった。
ホンダカーズで下取りを含めて25万円引きでヴェゼルを購入したのと同じになるのだから。(カーナビやオプションまで含めると30万円引き。)

本当は自動車の方をプリウスあたりと競合させた方がもっと値引きがよいのだが、ヴェゼルを気に入ってしまったので仕方がない。
まあいい方じゃないかな。





-------------------------------------------------------------

〔PR〕
太陽光発電システム
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
DREAMCLUB太陽光発電所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダヴェゼル購入記録(購入前編)

 約10年乗ったCR-Vは、今まで会社が家から近かったので距離は4万kmぐらいしか走っていない。
エンジンは快調だが、バッテリーやタイヤなどいろいろとパーツを取り替える必要が出てきた。
カーナビも10年前のストラーダなので地デジが映らない。
今年から転勤で通勤距離が長くなったので、新しい車はハイブリッドがいいなあ。

Crv


 車検はまだ1年ちょっとあるので急ぐわけではないが、次の車をあれこれ考えているうちに、買い換えたい気持ちがどんどん高まってしまった。
ネットで車種の情報を探しながらあれこれ考えた。

 プリウスはよさそうだけど来年夏にフルモデルチェンジらしいので、すぐに旧型車になってしまう。値引き次第か?
フィットやアクアは燃費は抜群だけど、デザインが好みでなくもう少し高級感がほしい。
マツダアクセラはプリウスと同じシステムでスタイルもいいけど、ナビが最低で取り替えもできないらしい。
スバルXVも売れている車だが、ハイブリッドはそれほどでもなさそう。
発売が遅れているフィットセダン(グレースというらしい)もいつになるかわからない。

 そんな中で見つけたのがホンダヴェゼル。
基本的にはフィットと同じハイブリッドシステムで、すでにリコールを3回(笑)しているが、それでも月間1万台売れている人気車種のようだ。
何といってもスタイルがいい。
フィットよりも60万円ほど値段が高く、その分装備はてんこ盛りで優越感だけはある。

Vezel03


 ヴェゼルのグレードはハイブリッドXかハイブリッドZがいい。
Zは最上級のグレードで不要な装備もたくさん。
でも、Xにほしい装備をオプションでつけるとなるとZの価格を超えてしまうのでビックリ。
Zの方がお買い得な設定なのだ。
このあたりはホンダのホームページで簡単見積もりが自分でできてしまう。
10年前よりとても便利になったなあ。
アルミホイールのデザインはイマイチだけど、ハイブリッドZにしよう。


 ただ、色はモニター次第で見え方が変わってしまうので、やっぱり実車が見たい。
「モルフォブルー」「プレミアムロッソ」も捨てがたいが、最終的にはミスティグリーン」と「ルーセブラック」にしぼって見に行くことにした。
ホンダカーズのどの店に何色の試乗車があるかもネットで全部わかる。
次の休みに見に行ってみよう。

ホンダヴェゼル購入記録(交渉編)へつづく


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
太陽光発電システム
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
DREAMCLUB太陽光発電所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーエアコンのフィルター交換BLITZハイブリッドエアコンフィルター

カーエアコンから異臭がするようになった。
以前、DIY自動車のクリーンエアフィルター交換でご紹介したように、カーエアコンのフィルターを交換してからすでに2年が経過した。
においのもとは、どうやらこのフィルターのようだ。

今まで使っていた、DENSOのエアフィルターは活性炭入り。
においをとてもよく吸収するが、そのまま放っておくといっぱいになり、逆ににおいまき散らし器になってしまったのだ。
さすがに2年はもたなかった。
メーカーでは1年で交換することを推奨している。

で、次はどのタイプにしようかと迷っていたところ、こんな商品を見つけた。
BLITZのハイブリッドエアコンフィルターだ。

Blitz1

このフィルターは今までの物と違い、なんと使い捨てではない。
水洗いOKで、洗ったあと天日干しにすれば、光触媒の効果で脱臭ができる。
フィルターは意外と値段が高いので、これはうれしい。

Blitz2

◆光触媒で強力消臭
タバコ臭、カビ臭など車内のイヤなにおいを強力に消臭。
悪臭をフィルター内にためるのではなく、光触媒で分解するので、臭気の再放出が抑えられます。
※光触媒は一定期間、直接光が当たらない条件下でもその効果を持続します。

◆抗菌性も抜群
光触媒は抗菌性にも優れた性能を発揮。
サルモネラ・大腸菌・O-157等の雑菌の繁殖を防ぎます。

◆花粉・チリ・ほこりを強力除去
ミクロン単位の花粉・チリ・ホコリ・黒煙や排気ガス中の微粒子を完全にシャットアウト。
通気性は確保し、クリーンな空気のみをキャビンに送ります。

◆フィルター水洗いOK
フィルターは水洗いができます。
また、天日干しすることによって新品同様の消臭性能を取り戻します。

◆メンテナンス&リサイクル可能
定期的なメンテナンスによりランニングコストを低減できます。
また、使い捨てでないのでゴミの発生を軽減でき、地球環境に優しいフィルターです。

Blitz4


今までのフィルターのように、活性炭方式だと約1年で交換しないといけない。
それに比べてこのフィルターは、何回も繰り返し使えそうだ。
値段もほとんど変わらないので、1年以上もつようならお徳だ。
あとは何回まで洗えるかというところだが、私が購入した店の店長も愛用しているらしく、ブログには今まで2回洗ったと書いてあった。
消臭効果が続く限り、何回でも洗って使ってみたいと思う。

Blitz5


写真は、左が今までのDENSOのフィルター(表と裏)、右がBLITZのフィルター(表と裏)。
BLITZフィルターの方は、裏の水色の方が特殊な形状だ。
取り付けるときに、表と裏を間違えないようにしないといけない。

取り付け方は、以前のページを参考にしてほしい。
しばらく使ってみた使用感を、またここへ書くつもりだ。


-------------------------------------------------------------

〔2012.5.23追記〕

あれからもうすぐ2年になりそうだ。
1回目…2011.5
2回目…2011.8
3回目…2012.5
今までに3回洗って天日干しをした。

3回目はつい先日だったが、においもなく、ごく普通に使えている。
エアコン臭なども気にならない。

水で洗うと、青い部分と白い部分が多少離れ気味になる。
あまりゴシゴシ洗うと壊れてしまうかもしれないが、そっとつけ置きのように洗えばよい。

今後もこの商品を利用したい。

◆BLITZハイブリッドエアコンフィルター楽天市場最安値情報

※車種によって大きさや個数が違うため、ご購入の際は自分の車にあった物をお選びください。


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY自動車のバッテリー交換/交換編

DIY自動車のバッテリー交換/購入編からのつづきです。
さていよいよ交換です。
古いバッテリーをはずして新しいバッテリーをつけます。

まずこれが今までついていたバッテリー。
ボンネットの右手前にあります。
だいぶほこりをかぶっていました。

Oldb


まずはじめにマイナス端子からはずします。
プラスからはずすと感電しやすいからだそうです。
これがマイナス端子です。

Mainasu


端子の横についている小さなナットをゆるめると、簡単にはずれました。

次はプラス端子です。
赤いカバーがあるのでそれを上に開けます。

Plus1


こちらも小さなナットがついていますが2つあります。
上のナットははずさなくてもよさそうなので、下のナットだけはずします。
ところが・・・

Plus2


下のナットのまわりにある金属の板や赤いカバーなどがじゃまになり、マイナス端子の時のようにはうまくいきません。
ラジオペンチなどいろんな工具を試してみました。
工具の名前がよくわかりませんが、これらはすべてうまくいきませんでした。
ラジオペンチはナットにさわれるものの、すべってうまく回らない・・・!

Kougu1

すべって・・・というところで、こんな工具があるのを思い出しました。
ネジザウルスです。
昨年ごろ、所ジョージの世田谷何とかという番組で評判になった工具です。
ねじ山がつぶれてしまったものでも回すことができるペンチです。
つぶれたねじはありませんでしたが、おもしろそうだったことと楽天のポイントがたくさんあったので以前購入したものです。
これでやってみたらうまく回ってはずすことができました。
意外なところで役に立ちました。
でも、T型ボックスレンチがあればもっと簡単にできたんだと思います。

Kougu2


新旧のバッテリーを並べてみました。
左がはずした古いバッテリーです。
ついているときにはよくわからなかったけど、ユアサバッテリーでした。
46B24Lです。

Newoldb

右がこれから取り付けるBMバッテリーです。
こちらは55B24Lです。
まず真中の固定金具で本体を取り付けます。
そして今度はプラス端子から先につけ、そのあとマイナス端子をつけます。
端子にはさび防止のためグリスをつけておきます。

メンテナンスフリーのバッテリーなので、水を補充する円盤のような6つのねじはありません。
取っ手がついているので、楽に持ち上げることができるのも、このバッテリーのよいところです。

Newbattery

取り付けは簡単に終わりました。
このバッテリーには、比重がわかる小窓がついています。
写真のように緑色に見えれば正常です。

Newbattery2


バッテリーを取り替えると、パワーウインドウの「AUTO」が効かなくなります。
メモリーがクリアされるためです。
ウインドウの大きさを再度覚えさせないといけません。
指で押しっぱなしにして窓を一番下まで下げ、そのあと指で引っ張りながら今度は一番上まで上げ、さらに1秒ほど力を加えたままにすれば終わりです。

Auto

説明ではラジオの局などのメモリーもクリアされると書いてありましたが、ナビのラジオ局やテレビ局はクリアされませんでした。
ハードディスクナビだからでしょうか?


はずしたバッテリーは、宅配便で送ります。
宅配業者によって、送料がかなり違います。
バッテリーの中に鉛が入っているため、見かけよりも重いからです。
私の場合10kgオーバーです。
地域と縦横高さの合計と重さによって料金が決まります。

比較して一番安かったのがJPエクスプレス(旧ペリカン便)でした。
重さが30kgまで同じ料金です。
大きさは80サイズで、800円で送ることができました。
他の業者だと同じサイズでも5kgとか10kgとかの重量制限があり、高いところは1,500円以上になります。

プラス側のねじで少し手こずりましたが、それさえなければ本当に簡単です。
新品バッテリーが送料込みで6,300円、廃バッテリーの送料が800円。
合計7,100円でした。
(さらに楽天のポイントがつき、自前のアフィリエイト分もつき・・・)
近くのカーショップで同じ「55B24L」のバッテリーをつけたら17,800円+工賃がかかります。
あとはどのぐらいの期間持つのかですね。
不具合があるようだったらこのブログで公表しますが、取り付け直後はすこぶる快調です。


-------------------------------------------------------------

何日かあとの新聞折り込み広告に、バッテリーを無料で回収してくれる業者があることを見つけました。
自宅から近いところだったのでショック。
もう少し待っていればよかった。
もう800円節約できたかも。

皆さんの周りにもきっとあると思います。
ネットよりもタウンページで調べた方が見つかるのかもしれません。



私のおすすめオートウイングのBMバッテリー


バッテリー交換を動画で見てみましょう


DIY自動車のバッテリー交換/購入編へもどる


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆

お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB

お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY自動車のバッテリー交換/購入編

愛車のCR-Vが5年目になり、車検を通すことになった。
いつもお願いしているホリデー車検。
ディーラーに車検を頼むと10万円を必ず超えるけど、ここならオイル交換をしても9万円いかない。
自分の車を下から眺めながら説明を受けられるし、余分なパーツを交換させられることがない。
時間もたったの30分程度で終わる。

ところが今回は、
「バッテリーがそろそろ寿命ですかねえ。」
と言われてしまった。
新車から5年間、バッテリーは交換していない。
よくわからないが、負荷をかけたときの電圧が9Vちょっとしかないということだ。
普通は12V車なんて言うのだから、これはやばい数字なのか?

交換した場合の見積もりを見ると13,000円ちょっと。
さらに工賃がかかる。

とりあえず保留ということで、すぐには交換せずにいろいろと調べてみることにした。
「早めに交換した方がいいですよ」
と心配そうだったので、帰りがけにカーショップに寄って、どんなバッテリーがいくらぐらいするのか見てみた。

店にはいろいろな種類ものが置いてあり、値段もさまざまだ。
大きさも違うので、自分の車にぴったり合ったものにしないと取り付けできない。
「46B24L」
これがCR-Vに最初からついていたバッテリーの型番だ。
今ついているものを見れば、何を買えばよいかがわかるわけだ。
型番の見方は他のサイトに任せることにして、私の場合「B24L」であれば最初の数字はいくつでもかまわない。

カーショップA店では、「46B24L」が13,800円、「55B24L」が17,800円で売られていた。
カーショップB店でも似たような感じだったが、その他にも「60B24L」「75B24L」などもあり、値段が2万円越え、3万円越えとキリがない。
人気があるのはパナソニックのカオスだが、高すぎる。(ネットならだいぶ安いが・・・)


バッテリーの一番の役割は、エンジンを始動させること。
一度エンジンがかかってしまえばオルタネーター(発電機)によって発電されるので、電装品がすべてバッテリーで動いているというわけではない。
というわけで、バッテリーにそんな高額なお金をかけることはない。


-------------------------------------------------------------

家に帰ってからネットで調べてみると、バッテリー交換はけっこうみんなもDIYでやっているようだ。
簡単にできるようなので、DIYにチャレンジすることにした。
そしてネットなら、値段も圧倒的に安い。


とりあえず一番安いのは再生バッテリー
これは一度寿命が来たバッテリーのサルフェージョンを取り除き・・・
と話が難しくなるが、要はきれいにして再出荷するというものだ。
電圧とか比重とかの数字は新品とそう変わらないらしい。
3000円台からあるので魅力的だが、保証は1年だ。

次に安いのはアトラスバッテリーなどの韓国製バッテリーだ。
4000円台からあり、新品なので普通の商品でも2年保証がつく。
それ以上の長期保証のものもある。


いろいろ悩んだが、結局選んだポイントは、

◆新品であること
 再生バッテリーでなくても安い韓国製の新品がある。
 新品なら保証が長い。

◆補水不要のメンテナンスフリー
 普通のバッテリーは、上面に円盤のようなネジが6個ぐらいあり、そこから水を補充する。
 メンテナンスフリーのバッテリーはそのようなネジがなく、寿命が来るまで補水しなくてよい。
 通販ということで、輸送中の液漏れ等の心配がない。
 カルシウムバッテリーなどとも呼ばれている。

◆古いバッテリーの処分
 はずしたバッテリーを引き取ってくれること。

◆もちろん安いこと
 安ければ2~3年で寿命が来ても納得できる。


 私が選んだバッテリーはBMバッテリー。
「55B24L」が送料込で6,300円。
今までついていた「46B24L」がグレードアップ。
そしてこの価格は近所のカーショップやホームセンターではあり得ない価格だ。
さらに30ヶ月または5万Kmの長期保証。
はずしたバッテリーは、送料さえ支払えば引き取りは無料ということだ。

Battery1

BMバッテリーならオートウイング


■追記2013年3月

交換してから3年経過した。
つい先日、8年目の法定点検を行った。
バッテリーは良好。
冬の寒い日だったが、テスター計測で12.5Vあり、なんら問題ない。
安いバッテリーでも十分であることが立証できた。

DIY自動車のバッテリー交換/交換編へつづく


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆

お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB

お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーナビの低音不足にサブウーハーを

3年前に新車を購入した。
すぐにカーナビを後付けした。

ディーラーオプションでは性能の割に値段が高い。
また当時は地デジ対応ではなかった。
何年乗るかはわからないが、2011年になってから困るかもしれない。
ちなみに今までの車は平均8年以上乗っている。
新車を買って長く乗るのがモットーだ。

オートバックスやイエローハットなどでカタログツアーをし、実際にふれて決めたのがパナソニックのストラーダFクラス。
HDS930Mというものだ。
現在売られている後継機種はPanasonic CN-HDS945TD。
地デジチューナーも標準装備とうらやましい。

Hds945td
パナソニック ストラーダ










とにかく画面のきれいさが一番だった。
高精細ワイドVGAは細かい字もギザギザ感が全くない。
当時の主流はQVGAだったから違いは歴然だ。
このあたり、純正ナビを勧めてきたホンダのセールス(店長)には理解されなかったという記憶がある。

ナビの性能も言うことなし。
実際に使ってみると、カーナビは本当に便利だ。
オプションではあるが地デジチューナーも取り付けられる。

しかし、大きな欠点がひとつあった。
それは音の悪さだ。
低音が全く出てこない。
そのままでもダメだが、特にDSPサラウンドをONにすると、

「なんじゃこりゃ?ラジカセか?」

と思うほど低音が全くない。
本当にショックだった。

初めてのナビだったので、正直そこまで考えていなかった。
カタログにはアンプは50W×4とあったので全く心配していなかった。
でもよく見ると50W×4というのは最大出力で、定格出力は18W×4と小さく書かれていた。
ただ定格出力が書かれているだけマシで、最近ではカタログに定格出力が書かれているのは1社だけだった。
最大出力50W×4とだけ大きく書かれているのがミソだ。
定格出力が最大出力の3分の1程度というのも驚きの数字である。
それだけアンプがショボいということか。

音については人それぞれで、ストラーダがとてもよい音だという人もいる。
たしかにDSPサラウンドはとてもよくできている。
野球中継のサラウンド効果はピカイチで、ドーム球場にいる感覚だ。
しかし私のように低音が好きな人は、低音に関しては絶対に満足できないと思う。

1週間悩んで、4つのスピーカーを交換した。
でも全く効果なし。
以前乗った車だったら27W×2(ナビではない)でもスピーカー交換だけで重低音になったんだけど。
あのときは、サブウーハーなんて何で売れるんだろうと思ったことを覚えている。

今回もサブウーハーをつけることも考えたが、それでも効果なしだったら・・・
と思うとなかなかふん切りがつかず、3年間がまんした。


でもついにがまんできなくなった。
選んだのはcarrozzeria(カロッツェリア)TS-WX11A 。

Tswx11a
後継機種 TS-WX110A 楽天最安値情報








価格コムのクチコミでも人気の機種だ。
150Wのアンプ内蔵なので、ナビのアンプに頼らなくていい。

オートバックスの店員によると、最近は運転席の下にサブウーハーを置くのが流行のようだ。
確かにトランクルームに置くより直接響く感じがする。
ただ、そのためにはサイズが重要だ。
CR-Vの運転席下はスペース的には結構広いが、凸凹していて平らな部分が少ない。
試聴した中で最もコンパクトなのがTS-WX11Aだった。
これならまっすぐ置けそうだ。

カロッツェリア TS-WX110A 主な特徴

■薄型ながら高剛性の、大口径「平面アルミニウム振動版」を採用
■豊かな重低音を再生する「MOS FET150Wハイパワーアンプ」内蔵
■わずか80mmの薄型設計により、幅広い車種に設置可能
■車内の造形にもマッチするインテリア性の高いデザイン
■仕様
スピーカー構成 21 cm×13 cm平面アルミニウム振動板ウーファー(アンプ内蔵)
最大出力 150 W
再生周波数帯域 40 Hz~200 Hz
出力音圧レベル(車室内音圧) 101 dB
ローパスフィルター 50 Hz~125 Hz(-12 dB/oct.)
最大消費電流 7 A
コード長 スピーカーコード5 m、電源コード5 m、リモコン6 m
外形寸法 280 mm(W)×75 mm(H)×200 mm(D)
質量 3.4 kg
付属品:本体/ワイヤードリモコン


出力音圧レベルが 101 dBというのはすごい。
昔のウーハーなら85 dB程度がほとんどだった。
(車室内音圧)というのが昔と違うのかな?
ただ、再生周波数帯域が40 Hz~というのは、もう少し低い方がよいんだけど。


試聴した中で最もよい音だと思ったのはアルパインのSWW-5000だった。
Sww5000







アルパイン サブウーハー

豊かで響きのある低音だった。
一番のネックはその価格で、5万円ほどする。
TS-WX11Aは1万5千円前後なので差が大きすぎた。
また、これは大きすぎるのでトランクルームしか考えられない。
CR-Vのトランクルームはとっても広いが、アウトドア用のテーブルがスペアタイヤの上にど~んと置いてある。
それを避けて置くとなると、サブウーハーの大きさが限られてしまう。


同じ価格帯ならケンウッドのKSC-SW10も音がよいと思ったが、運転席下には微妙なサイズだった。
少し斜めになってしまうかも。

Kscsw10





ケンウッド サブウーハー

ウォークスルーに置くことも考えたが、ここはけっこう便利な荷物置き場。
特に雨の日の傘置き場にちょうどよい。
普段もカバン置き場にしている。
ブレーキでカバンが前に飛ぶこともない。

サブウーハーの置き場所は、やっぱり運転席下しかない。
ただ運転席下には、後席用のエアコン吹き出し口がある。
その真ん前に置くのはウーハーのためにあまりよくないのではと思った。
でも店員の話によると、それで不具合が起きたということは1件もないという。
 
電源をバッ直(バッテリーに直接つける)にすることがクチコミにはよく書かれている。
取り付けの時、何も言わないと電源がノーマルのかなり細い線につながれてしまい、性能をいかしきれないということらしい。
ただ店員の話では、150Wクラスならそこまでしなくても、セルモーターを回す太い線が来ているのでそこへつける方法があると教えてくれた。

前の車でバッテリーを交換したとき、疑問に思ったことがある。
同じクラスの車なのに、ホンダ車の方がトヨタ車よりバッテリーが大きいのはなぜか。
バッテリー交換にかかる費用も、トヨタ車が4千円のときホンダ車は1万6千円と、4倍ぐらいかかった。
店員の話によると、ホンダ車の場合セルモーターを回すのに大電流が必要だからということだった。
だからセルモーターを回すための電源の線は、たぶんトヨタ車よりも太いに違いない。

ついでにナビ本体の電源も一緒にそこへつけてもらうことにした。
50W×4のアンプ性能の向上が見込めるかもしれないからだ。
オートバックスでの取り付け工賃は、ウーハーが8400円、ナビの電源付け替えが1050円、合計9450円だった。
8400円の内訳は、ナビを取り外すのに4200円、再度取り付けるのに4200円だそうだ。
自分でやれる自信はないので頼むことにした。


インストールしての感想。

取り付け直後はあまり変わらない感じがしたが、ナビの設定をいろいろと変えてみるとウーハーの効果がよくわかるようになった。
4つのスピーカー出力を±0dbにし、ウーハーを最大に設定。
ウーハーのゲインはリモコンで変えることにする。
イコライザーもいろいろと音楽を聴きながら設定変更。

今までがショボすぎたというのもあるが、サブウーハーをつけるのとつけないのとでは大違いだった。
このサイズとこの価格でこれだけの効果があるのなら、もっと早いうちにつければよかったと後悔した。
低音重視のストラーダ所有者には、サブウーハー取り付けをぜひお勧めしたい。

なお、カーナビ本体の電源を変えたことも、大きな効果があった。
今まで低音が鳴らなかった4つのスピーカーからも、低音が聞こえるようになった。
サブウーハー取り付けの前に、電源をバッ直もしくはセルモーター用電源につなぎ替えることも効果があることがわかった。



-----------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コクヨのキャンパスノート当選

コクヨでは30周年を記念してキャンペーンを実施していました。
そしてキャンパスノートの復刻記念版パック4冊入りが当選しました。
Kokuyo





写真のキャンパスノートは左側から、
(1)2000年~現在
(2)1991年~2000年
(3)1983年~1991年
(4)1975年~1983年
に販売されていたものです。

懐かしい・・・なんていうと、年齢がばれますよ。


大量当選の懸賞情報はこちらから



〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パナソニック カーナビ用最新版地図ソフト

PanasonicHDDカーナビ用最新版(2006年度版)地図ソフトの予約が始まりました。DVDカーナビ用最新版(2006年度版)地図ソフトもあります。

私が持っているカーナビはCN-HDS930MDです。購入してもうすぐ1年というところです。とにかく画面がキレイで、新車購入と同時にすぐに取り付けました。カーナビの性能としては全く問題なく満足しています。AVとしては低音がお粗末で、ラジカセなみの低音しか出ません。かなりがっかりしました。一度でも重低音が出るコンポを使ったことがある人は、きっと同じ思いをするでしょう。純正スピーカーはすでに取り替えたけど、全く効果なし。サブウーハーの取り付けをを検討中ですが、これも効果がなかったらと、ちょっと心配しています。

私の住んでいるところでは、最近道路がどんどん新しくなっています。高速道路も、名古屋付近の東海環状道路などは私のカーナビでも載ってなく、愛車が田んぼの中を進んでいきます。(笑)

私が買おうとしているのは、12月中旬発売予定の2006年度版HDDナビバージョンアップ・全国地図データ更新キットHDS900・930・950用 CA-HDL1624Dです。特徴は、

●2005年12月までの市町村合併に対応。
●一般道レーンデータが全国約55,000件→約79,000件に増加。
●一般道方面看板が全国約53,000件→約62,000件に増加。
●CDDBデータベース更新。
●ジャンル検索、周辺検索の索引が変更。
●インテリジェントルート案内(事故多発交差点案内・渋滞データバンク・ライブビュー交差点拡大図)の機能を追加。

と、最新のHD935MDなみの機能がつくそうです。

パナソニックのウェブショップ「パナセンス」でも購入予約ができますが、ちょっと高い。(^^;)
楽天でもすでに購入予約が始まっている店があります。↓のリンクをクリックすると、現在の購入価格が安い順に出てきます。興味がある方は、確認してみましょう。


▼対応機種一覧(更新ソフトが販売された本体品番がご確認できます)

◆地図ソフトの品番 : CA-HDL1624D
カーナビ本体品番 : CN-HDS900D/CN-HDS930MD/CN-HDS950MD
パナセンス販売価格:25,200円(税込)
楽天最安値の確認とご購入・ご予約はこちら


◆地図ソフトの品番 : CA-HDL1623D
カーナビ本体品番 : CN-HS400D
パナセンス販売価格:21,000円(税込)
楽天最安値の確認とご購入・ご予約はこちら


◆地図ソフトの品番 : CA-HDL1622D
カーナビ本体品番 : CN-HDX300D
パナセンス販売価格:21,000円(税込)
楽天最安値の確認とご購入・ご予約はこちら


◆地図ソフトの品番 : CA-HDL1621D
カーナビ本体品番 : CN-HD9000SD/CN-HD9000WD/CN-HD9000D/CN-HDX730D
パナセンス販売価格:21,000円(税込)
楽天最安値の確認とご購入・ご予約はこちら

パナソニックDVDカーナビ用最新版(2006年度版)地図ソフトはこちら



〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)