« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

エプソンプリンターM770Tの印刷汚れ解消

使っているプリンターは、2018年に購入したエプソンM770Tだ

M770t01

インクタンクが大きいので、こまめに交換しなくていいし、コスパがいい。

廃インクがたまるメンテナンスボックスを、自分で交換できるのも大きなプラスだ。

ところが最近になって不具合が出るようになった。

印刷すると紙に黒いインク汚れがつく。

たとえばこんな感じ。

M770t02
M770t03
M770t041
M770t042

 

最初は小さかった汚れがだんだん大きくなり、紙のまん中あたりにもつくようになった。

年賀状など大事な印刷ができなくて困った。

検索してみると、紙が汚れるという同じ症状の人が結構いることがわかった。

 

すぐにとった解決方法は通常のヘッドクリーニング。

そのとき気がついたのは、印字ヘッドテスト結果の異常だ。

クリーニングをすると印字テストをするか聞いてくるのでやってみた。

すると黒いインクがシアンやマゼンダの領域を浸食している。

M770t05

 

通常クリーニングを数回行い、それでもダメなので強力クリーニングもした。

強力クリーニングが効いて黒い汚れが一時的に出なくなることもあったが、数日しかもたない。

すぐにまた出るようになった。

しかも強力クリーニングをすると、インクを多量に消費するらしい。

インク自体はもともと大容量なのでたくさん使っても気にならないが、廃インクをためるメンテナンスボックスの容量がそれに追いつかない。

強力クリーニングをしたければメンテナンスボックスを交換しろと指示が出る。

メンテナンスボックスは後方にあり、自分で交換できるが、そうそう何回もできない。

M770t06

 

プリンター内を観察すると、印字ヘッドの下あたりに黒いインクの塊のようなものがべっとりとついている。

M770t07

ヘッドの真下にあるため、普段はヘッドに隠れていて見られない。

印刷中ヘッドが左の方へ動いたときにだけ右側が見られる。

 

荒技だが、その瞬間にコンセントを抜いて停止させれば、この部分がずっと見えたままになる。

そして汚れをティッシュで拭き取ることができる。

動作中にコンセントを抜くのはプリンターにはあまりよくない気がするので、やるなら自己責任でどうぞ。

汚れた印刷のままなら、いっそ壊れても・・・という気持ちでやった。

ちなみに掃除が終わって電源を入れると紙詰まりの注意が出るので紙を取り除けば元に戻る。

掃除の仕方は綿棒などで丁寧にとるのが普通だが、ティッシュが何枚も必要なぐらい多量なのでかまっていられない。

M770t08

 

手にインクがつきまくるので、気にする人は使い捨ての手袋などをどうぞ。

上の写真は拭き取った後の様子。

四角いマス目のように見える部分がある。

拭き取る前はこのマス目が全く見えないほど汚れていた。

 

ここにたまっているインクは、本来メンテナンスボックスに運ばれていくべきものではないか。

ここからメンテナンスボックスまでの通り道が、なぜか詰まっているのではないかと考えた。

そしてここにたまって塊になり、印刷時にヘッドにくっついて悪さをしているんじゃないかと思う。

 

この機種の売りはメンテナンスボックスの交換が自分でできるというものだが、たぶんそれがあだになっているのだと思う。

設計上の欠陥だ。

ヘビーユーザーじゃないとインクの粘度が上がってベタベタになり、さらに詰まりやすいのだと思う。

黒い塊なので黒い顔料インクがほとんどなのかも。

エプソンはキャノンに比べて顔料インクの歴史が浅いからなあ。

昔エプソンかキャノンか迷ったときに、黒が顔料インクだからという理由でキャノンに決めたことがある。

それからプリンターはずっとキャノンだったのに、今回は浮気した。

 

M770t09

もう一度クリーニングをして印字テストをしたら、シアンやマゼンダの領域がきれいに戻った。

 

本当はヘッドの下側にも汚れがついているので拭きたいところだが、それはどうやったらいいかわからない。

しばらくは印刷時にまだ汚れがつくことはあるが、そのうち全くつかなくなった。

 

印刷して汚れ始めたらまた写真のところを拭けばよいのだが、そのうちに壊れそうな気がする。

購入したときはいいことずくめのプリンタだと思ったが、普通に印刷できるという一番の基本がダメなので全くお勧めできない。

これだけでも次に購入するときはキャノンに戻ろうと思った。

 

キャノンからも大容量タンクのモデルがすでに発売されている。

メンテナンスボックス(キャノンではメンテナンスカートリッジという)を取り替えられる機種G3360も2020年末に発売されている。

性能としてはG6030ぐらいがいいので、その後継機種にメンテナンスカートリッジがついたら買おうと思う。

それまではエプソンを我慢して使うことにした。

 

キャノンG3360 のよいところ

・大容量インク

・メンテナンスカートリッジを自分で交換できる

・印字ヘッドが自分で交換できる

・プリンタドライバーはエプソンよりキャノンの方が使いやすい(両方使った人ならすぐわかるぐらいの差)

悪いところ

・前に紙を入れておくトレイがなく、後トレイしかない。

 

先行のG3360のメンテナンスカートリッジに同じような不具合がないか、これから1年先ぐらいまでクチコミを時々チェックしたい。

 

■楽天市場 キャノン プリンター G3360

 

 

-------------------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
DREAMCLUB太陽光発電所

 

 

| | コメント (0)

INAXシャワートイレCW-064の電源ランプが点滅

トイレの電源ランプが急に高速点滅を始めた。

Inax01

 

使い始めて10年たつとこうなる仕様らしい。

急に点滅するのでドキッとするし、故障かと心配になるのだがそうではない。

10年になるので一度点検するようにというお知らせのようだ。

「点検時期お知らせ表示」と呼ぶそうだ。

 

うちのトイレはINAXのシャワートイレCW-064だ。

Inax10

 

INAXのトイレはどれもこうなるらしい。

問題はこの点検が有料で、7000円以上かかるということだ。

故障して修理ならしかたがないが、点検だけでこの金額はきびしい。

上うな丼が2杯は食える。

 

ある電気店のブログを読むと、点滅に驚いて新品に買い換える人もたくさんいるようだ。

そういうワナなのか。

 

故障したわけではないので無視してもいい。

そこで最初は上からアルミのテープを貼って点滅を見えなくした。

Inax03

 

しばらくはそれでスルーしたが、やっぱり見えない点滅が気になる性格だ。

そこでいろいろ検索して、対策をすることにした。

やり方はこうだ。

 

まずリモコンで電源スイッチを切る。

次にコンセントを抜く。

そして奥の左右にあるねじをはずす。

Inax04

 

左にあるストッパーを引きながら、本体を手前にはずす。

下の手前側2カ所にある爪をはずす。

これが一番やっかいだが、爪のすぐ左右にそれぞれマイナスドライバーを1本ずつさしてゆっくり傾けていくとはずれる。

爪は2カ所あるので1カ所ずつはずす。
本体を上に引っ張ると中の回路が見える状態になる。

Inax05

 

この機種の場合、作業をする場所は左側にあるので上からは見えない。

左側はこうなっている。

Inax06

 

基板のまん中当たりに不自然に取り付けられている抵抗がある。

Inax07

 

ちょっとピンぼけだが、この抵抗を1カ所切り、断線させる。

切ったところが再びくっつくことがないように、曲げておくとよい。

あとは元通りにして電源を入れる。
通電直後は電源ランプが高速点滅しているので一瞬あせるが、すぐに点灯しっぱなしに変わる。

Inax08

 

INAXトイレの点滅について検索するといろいろ出てきて楽しいが、不満爆発の人の方が多い。

点検時期のお知らせが目的なら、もっと簡単に解除できるようにしてほしいという意見が圧倒的だ。

10年前この機種を購入したとき、INAXはTOTOに続いてシェア2番目という感じだった。

しかし今は、完全にパナソニックに抜かれて3番目以下の少数派になってしまった。

INAXの社員にはこの点滅が不評だと伝わらないのかな。

私も次に購入するなら点滅しない機種にすると思う。

 

INAXの点滅点検作戦は、現行機種でも続いているようだ。

まだ買い換えないけど、今買うとしたらパナソニックの洗剤で泡が出るやつに興味がある。

■楽天市場 ビューティ・トワレ  

 

 

-------------------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
DREAMCLUB太陽光発電所

 

 

| | コメント (0)

太陽光発電HITの記録2020年12月

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

12月の太陽光発電の結果が出ました。

発電量は12月としてはまずまずでした。

 

G202012 H202012

 

 

-------------------------------------------------------------

◆発電開始から109か月経過

12月の売電分 321.5kwh×42円=13,503円

12月の自家消費分 143.3kwh×27.97円=4,008円

12月の発電合計 17,511円

 

初期投資分は76か月と21日で取り返しました。

その後の黒字分 626,036円

 

12月の電圧上昇抑制 3分

長州産業HIT230パネル18枚、4.14kw

パワーコンディショナ 4.0kw

南向き切妻屋根4.5寸勾配(24.2度)

 





 

-------------------------------------------------------------
2020年の年間発電量はこの通りです。

あまり多くはありませんでした、

2021年は42円で買い取りされるラストイヤーです。

有終の美を飾ってほしい。

 

Y2020

 

-------------------------------------------------------------

〔PR〕
太陽光発電システム
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
DREAMCLUB太陽光発電所

 

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »