« 太陽光発電HITの記録2020年4月 | トップページ | 太陽光発電HITの記録2020年5月 »

ノートパソコンのバッテリー交換

2014年に購入したノートパソコン、富士通LIFE BOOK AH53/M。

さすがにバッテリーが劣化して、この冬には充電中のランプがよくつくようになった。

少し暖かくなって頻度は少なくなったが、次の冬まで持ちそうもない。

 

Janri3

 

バッテリーの状態を調べると、

新品だと24300mWh。

それが今はフル充電でも5756mWh。

新品の30%以下になっていた。

そこで交換することにした。

 

純正だととても高いので、互換バッテリーを考えることにした。

互換バッテリーはデジカメでよく利用している。

最初は十分満足なのだが、純正のものよりどうしても早くダメになる。

でもその分安ければよい。

楽天やAmazonで探し、選んだのはこれ。

 

Janri1

 

上は今まで使っていた純正の物。

下が購入した物だ。

 

JANRIという会社の物だ。

似たような商品がたくさんあり違いはよくわからないが、クチコミで一番無難な感じだった。

また1年間の保証があるのはこれだけだった。

価格は富士通WEB MARTで売っている純正の物の半額以下だ。

 

Janri4

 

バッテリーの状態を調べると、

新品だと47520mWh。

フル充電でも47520mWh。

ちゃんと100%充電できるし、今まで使っていた純正の約2倍の容量になった。

もちろん少しずつ劣化していくと思うが、このパソコンを買い換えるまでもってくれるといい。

 

Janri2

 

蛇足だがバッテリーの容量は「mAh」より「mWh」の方がわかりやすいと思うのだが。

太陽光発電のように。

 

-------------------------------------------------------------

〔PR〕
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
DREAMCLUB太陽光発電所

 

 

|

« 太陽光発電HITの記録2020年4月 | トップページ | 太陽光発電HITの記録2020年5月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽光発電HITの記録2020年4月 | トップページ | 太陽光発電HITの記録2020年5月 »