« モラタメ当選♪エスビーゴールデンカレーほか | トップページ | 太陽光発電HITの記録2019年4月 »

DIYパイプファン交換

トイレの換気扇のことをパイプファンといいます。

P1070986-300x225 

こちらが古い方。
型番は、V08-PSA4です。
人感センサー付きで、トイレを使っているときだけ回ります。

P1070998-300x126

製造年は2001年とあるから、18年も使っていました。
最近ファンの音が大きくなり、廊下まで聞こえてくるようになりました。

そこで新しい物に交換することにしました。

P1070995-300x225

新しい方は、V08-PA7。
「08」はパイプの径です。「12」もあるので間違わないように。
「電源プラグ付き」なら普通にコンセントに差し込むだけです。
型番にDがつく「速結端子」だと電気工事が必要になるので、間違わないように。

 

パイプファンに関しては三菱のファンです。
空気を排出する量や騒音、消費電力を他メーカーと比較してみると、スペック的には三菱が圧勝です。
実際に使った感じでは、偽装はしていないと思います。
18年たって、さらにスペックが伸びています。

消費電力は2.1~2.4w、風量は75~85立方メートル/時、騒音は21~23.5dBです。

P1070993-300x225

左が旧型、右が新型です。

モーターが小型になったのがよくわかります。

交換はドライバーで木ねじ2本を回すだけです。

 P1080001-300x197

とっても静かになりました。

 

-----------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ

 

|

« モラタメ当選♪エスビーゴールデンカレーほか | トップページ | 太陽光発電HITの記録2019年4月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モラタメ当選♪エスビーゴールデンカレーほか | トップページ | 太陽光発電HITの記録2019年4月 »