« DIYパソコン内部の埃と熱暴走LC950/HJ | トップページ | DIYパソコン内部の埃と熱暴走に対抗する富士通のダストキャッチャー »

DIYパソコン内部の埃と熱暴走LL750/AD

前回、DIYパソコンLC950/HJの熱暴走と埃の清掃でご紹介したように、自分のパソコンを分解して中をきれいにしました。

あれからパソコンはとても快調で、キーボードもパソコンの裏側も熱くなりません。


実はうちにはもう1台、家族が使っているパソコンがあります。
私のものほど酷使はしていませんが、2005年購入、WindowsXP、Pentium Mと古いモデルです。

PC-LG16はNECのカスタマイズできるGシリーズで、カタログモデルではLaVie LL750/ADとほぼ同等、LL900/ADやLL770/ADも同じボディだから、同じように分解できます。

P1010784


特に熱くなるとか、「熱暴走」という症状はありませんが、何せ古いのでたぶん埃がたくさんたまっていると思います。
さっそく分解してみました。

もちろん、これを見てやる人は自己責任でお願いします。


まず電源を落とし、アダプタとバッテリをを外します。

液晶を90度にし、ヒンジカバーにある隙間を大きなマイナスドライバーでこじるとはずれます。

P1010786


今回は10円玉は無理でした。
とても小さいです。
左右両方やります。

多少傷がつくので、気になる人は布でも当ててください。
私の場合は気にしない気にしない(笑)。

P1010787


で、こうなるはずだったんですが、実はとても苦労しました。
私のパソコンの時よりもかたくてはずれません。

はずしてからわかったのですが、「F4」「F8」「F12」キーの近くにそれぞれツメのようなものがありました。
そこをマイナスドライバーで押すようにしながら、少しずつ持ち上げるとうまくはずれました。

P1010796


これでキーボードが動くようになるので、手前側に倒します。
すると金属の板が見えました。

P1010790


この板のネジを7本はずします。
今回のネジは全部同じ長さでした。

ファンとヒートシンクが見えました。

P1010791


今回は、先にファンを外します。
ネジ3本をとり、左側にくっついている何かの線をていねいに外します。

P1010792


簡単にとれました。
ファンにはほとんど埃がありませんでした。

ヒートシンクの方は・・・

P1010794


埃がたっぷりありました。
左側に偏ってたまっています。
ファンの遠心力でしょうか。(笑)
右側はまだすき間があるので、熱くならずにすんでいたという感じです。

埃をハンディ掃除機で吸い取り、歯ブラシでこすり、ウェットティッシュできれいに拭き取りました。
ついでにその周辺も綿棒などできれいにしておきます。

P1010795


あとは元に戻すだけです。
これであと5年は大丈夫でしょう。(^^;)

ついでにメモリを見たらなんと256MBでした。

さっそく1GBのメモリを注文。
「DDR SO-DIMM PC-2700」というのを買えばよさそうです。

同じ1GBでも最近の機種のメモリよりも高いです。(>_<)
それでも2千円ちょっとで買えました。

NECダイレクトNECパソコン

DIYパソコン内部の埃と熱暴走に対抗する富士通のダストキャッチャー


-----------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ

|

« DIYパソコン内部の埃と熱暴走LC950/HJ | トップページ | DIYパソコン内部の埃と熱暴走に対抗する富士通のダストキャッチャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9859/55469144

この記事へのトラックバック一覧です: DIYパソコン内部の埃と熱暴走LL750/AD:

« DIYパソコン内部の埃と熱暴走LC950/HJ | トップページ | DIYパソコン内部の埃と熱暴走に対抗する富士通のダストキャッチャー »