« DIYパソコン内部の埃と熱暴走LL750/AD | トップページ | 太陽光発電HIT230の記録2012年8月 »

DIYパソコン内部の埃と熱暴走に対抗する富士通のダストキャッチャー

今まで紹介したように、家にあるパソコンを分解し、内部のヒートシンクにたまった埃をきれいに清掃して、「熱暴走」を防ぐことができました。

DIYパソコン内部の埃と熱暴走LC950/HJ

DIYパソコン内部の埃と熱暴走LL750/AD


図に乗って、会社のノートパソコンはどうだろうと思い、ちょっと調べてみた。

使っているのは富士通FMV-A8270というビジネスモデル。

Dscf7533_2


パソコンの裏を見て驚いた。

こんなしかけがあるのだ。

Dscf7532_2


名前は「ダストキャッチャー」。

細長い棒のように部品がはずれ、例のヒートシンクが丸見えになる。

ネジを外したり分解したりしなくても見えるのだ。

ただ、手で押して持ち上げるだけだ。

Dscf7531_2


ビジネスモデルは電源をずっとつけっぱなしが前提なのでしょう。

時々ダストキャッチャーを外して掃除するのに、ほんの2~3分もあればよい。

これならもう誰でも、分解に自信がない人や初心者でも掃除ができる。

とても便利な機能だと思う。

ただ、パソコンを分解したことがない人は、これを掃除するとパソコンの何がどうなるのかが理解できないかもしれない。


どうしてこれをホームユースのパソコンには取り入れないのだろうと思い、富士通ノートパソコンFMV LIFEBOOK 2012夏モデルを調べてみた。


◆ダストキャッチャーがある機種…12.1型のPHシリーズ

◆ダストカバーがある機種…15.6型のAHシリーズとAHTVシリーズ、13.3型のSHシリーズ
ダストキャッチャーとほぼ同じ?たぶん。

◆そういうしくみはなさそう…ウルトラブックのUHシリーズ、10.1型MHシリーズ


というわけで一部ない機種もあるが、ほとんどの機種に似たようなしくみがあることがわかった。

NECも年々パソコン内部を開けやすくなっているみたいだが、簡単に埃が取れる富士通に軍配が上がる。

毎日掃除するわけではないし、こういう工夫は一般の人にはなかなか理解されないと思うけど、あるとやっぱり便利です。

次に買うときは富士通にしようかな。

ところで、ダストキャッチャーとダストカバーはどう違うのだろう?(^^;)


富士通パソコンFMワールド

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

-----------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ

|

« DIYパソコン内部の埃と熱暴走LL750/AD | トップページ | 太陽光発電HIT230の記録2012年8月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9859/55474458

この記事へのトラックバック一覧です: DIYパソコン内部の埃と熱暴走に対抗する富士通のダストキャッチャー:

« DIYパソコン内部の埃と熱暴走LL750/AD | トップページ | 太陽光発電HIT230の記録2012年8月 »