« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

太陽光発電HIT230 J-PEC国の補助金申込受理決定通知書

太陽光発電を始めると、国から補助金がもらえます。

(1)着工前であること。
(2)適合機種であること。
(3)公称の最大出力が10kW未満であること。
(4)太陽光発電システムの価格が60万円/kW以下であること。
などいくつかの条件がありますが、それらをクリアすれば平成23年は1kwあたり48,000円がもらえます。
私の場合は4.14kwなので、補助金額は198,720円になります。

国の補助金をもらうための申請は、12月22日締め切りです。
ただし予算がなくなれば、締め切り日の前に終わってしまうこともあります。
つまり先着順です。

今年は昨年以上に太陽光発電を設置する人が多いようなので、締め切り日前に終了しそうなペースだそうです。
いつの時点でその先着順が決まるのかが最初わかりませんでした。

着工前にまずJ-PECに申請し、認められればはがきが来ます。
このはがきが補助金の予約みたいなもので、これさえもらえばもう大丈夫です。
4か月以内に工事を完了させ、再度申請書(完了書)を提出すれば補助金がもらえます。

J-PECへの申請書は、何枚かの書類と実印、印鑑登録証明が必要です。
多少自分で書くところもありますが、ほとんどは業者の人がやってくれます。
慣れている人に任せる方が安心です。

そのはがきがJ-PECから届きました。
補助金の予約ができたと同時に、これで工事を始めることができるという意味も含まれています。
業者の話では申請してから2週間ぐらいかかるということでしたが、1週間で届きました。

Hojokinjuri








次に進む→6太陽光発電HIT230パネルは品薄

最初から読む→1太陽光発電HIT230の工事を契約しました


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
太陽光発電システム
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サークルKサンクスとろさんま炙り焼寿司@モラタメ情報

今回のモラタメ情報は、株式会社サークルKサンクスから「寿司の美登利総本店監修 とろさんま炙り焼寿司(無料引換券)」です。
2000名に当たります。

Circlektoro


寿司の美登利と言われても、東京近郊に住んでいる人でないとわからないと思います。
私もよくわかりません。(笑)
立ち食いもテイクアウトもあるような寿司屋みたいです。
価格は良心的な感じです。

その寿司の美登利さんが、とろさんま炙り焼寿司を10月4日から期間限定で販売します。
旬のさんまの炙り寿司というのは食べたことがないです。
おいしそうですね。

ぜひ試してみたいです。
よろしくお願いします。m(_ _)m


-----------------------------------------------------

寿司の美登利総本店監修 とろさんま炙り焼寿司

◆シャリ
お米に山形県庄内産「はえぬき」を100%使用。
3つの酢をブレンドした「寿司の美登利総本店」直伝の合わせ酢を使用したワンランク上のシャリに仕上がりました。

◆さんま
身の締まった、脂が乗ったさんまが、丁寧にじっくりと炙り焼きにされました。
シャリとの間には、刻み椎茸・刻み甘酢生姜・マヨネーズが入り、さんまの旨みを一層引き立てています。

◆タレ
別添で「寿司の美登利総本店」監修の旨みが詰まった特製煮詰たれと山椒が付いています。
お好みで自分にあった味付けをお楽しみいただけます。

価格:395円(税込)


-----------------------------------------------------

この情報の提供者は、メーカーが新発売する商品を無料でもらえたり、送料程度の金額で試せたりするサイト「モラタメ」です。

サークルKサンクスからとろさんま炙り焼寿司無料引換券が2000名に当たります。
申し込み締め切りは2011年9月26日、発送予定は2011年10月4日です。


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

アサヒサントネージュリラ ロゼ@モラタメ情報

今回のモラタメ情報は、アサヒビール株式会社から「サントネージュ リラ」です。
9月27日新発売のロゼ2本セットが3000名に当たります。

Rela2


サントネージュリラは食事とともに味わうだけではなく、ワインだけでも気軽に楽しめるカジュアルなワインです。
前回赤ワインと白ワインを御紹介しましたが、
今回は新発売のロゼです。
フルーティーな香りと味で、女性にうけそうなワインです。

ガラスの瓶にコルクの栓という常識を捨てて、
ペットボトルに入っています。
軽いし、もちろんリサイクルもできます。
かしこまった席で飲むというより、気軽にいつでも楽しめそう。

前回の赤白セットは残念ながら外れてしまったので、
今回はぜひ試してみたいです。
よろしくお願いします。m(_ _)m


-----------------------------------------------------

■アサヒビール株式会社『サントネージュ リラ』
リラックスを楽しむワイン。
今日も気ままに、楽ちんワイン。

・内容量:720ml
・価格:オープン価格


-----------------------------------------------------

この情報の提供者は、メーカーが新発売する商品を無料でもらえたり、送料程度の金額で試せたりするサイト「モラタメ」です。

サントネージュ リラのロゼ2本セットが3000名に当たります。
申し込み締め切りは2011年9月25日、発送予定は2011年9月30日です。


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

太陽光発電HIT230のパネルにこだわる

 私の家の場合、屋根は南向きの切り妻屋根で、南側には太陽光を遮るような建物などはありません。
でも、面積があまり大きくなく、しかも大きな面と小さな面の2面に分かれてしまっています。
少しでも発電量を稼ぐためには、効率のよいパネルを選ぶしかないと思いました。

太陽光パネルにはいろいろな種類があります。
薄膜パネル<多結晶パネル<単結晶パネル<HITパネル
の順に効率がよくなり、発電量は多くなります。
でもその分、価格も上がります。

このHIT230Wパネルはサンヨーが作っています。
そして、サンヨー以外にパナソニックと長州産業がOEMとして販売しています。

SanyoChosyu

(左がサンヨー、右が長州産業のカタログ表紙)

 私が選んだHIT230Wの太陽光パネルには次のような特徴があります。
(1)公称最高出力230W
(2)夏の暑さに強い
(3)雨の日でも発電する


(1)最近東芝から公称出力240Wのパネルが発売されましたが、まだ出たばかりで値引きは渋いと思います。
HITパネルの230Wという発電量は、私が契約した時点では最高の数値でした。
そしてこのパネル1枚ごとの実測数値は、235W~243Wあるそうです。
この数値は、国の補助金を受けるときにJ-PECに提出する出力対比表(出力特性表)に載っています。
私もその時になったら確認してみたいと思います。

サンヨーは2000年に太陽光パネルの出力不足問題(2000年12月27日付通産省への最終報告参照)を起こしたことがあって、公称出力を1枚たりとも絶対に下回らないようにしています。
他のメーカーだったらきっと240Wと言いそうなところを230Wと言っているのだろうと思います。
だから、東芝の240Wパネルとそれほど出力の差はないと考えています。
カタログの数値よりも働いてくれると喜ぶべきか、それとも8600円ほど国の補助金を損したと考えるべきか。(笑)


(2)さらにHITパネルは、普通の単結晶シリコンパネルよりも熱に強いという特徴があります。
太陽光パネルは意外にも熱に弱いのです。
そのため1年のうち1番発電量が多くなるのは、7月や8月ではなく5月だというデータが出ています。
長州産業のカタログには、私と同じ4.14kwのシステムの場合の年間予測発電量が地域別に載っています。
それによると沖縄県那覇市の5035kwや宮崎県宮崎市の5265kwよりも、長野県松本市の方が5451kwと多くなっています。
緯度の高い北海道帯広市でも5175kwもあるのは、気温が低いからでしょう。

営業の方と交渉しているとき、「夏のサンヨー、冬の東芝」と言っていました。それだけHITパネルは夏の暑さに強いということです。
東芝は電極をパネルの裏側に配置したため、表側で光が反射してしまうのを防ぐ構造になっています。
だから日射量の少ない冬に有利だと言っていました。
カタログや発電シミュレーション等の数値で2社を比較してみると、東芝の出力がサンヨーを上回っているのは12月~2月でした。残り9か月はHITの勝ちです。


(3)実際に使っている人たちのブログを読むと、雨の日でも発電するという報告があります。
もちろん晴れの日に比べたらかなり減ってしまいますが、それでもゼロではありません。
曇や雨の日にHITパネルが発電できる量を満足している人が多いようです。
いろいろな人がブログで毎日の発電量を公開しているので、参考にしましょう。


値段にひかれて東芝210Wパネルにしようかと思ったこともありましたが、そうしなくてよかったです。
東芝240Wパネルの発売自体は知っていましたが、こんなに早いとは思いませんでした。
HIT230Wもいずれ新型が出るでしょうが、なるべく後にしてほしいものです。

結局サンヨーHIT230W×18枚で198万円と競合させ、長州産業HIT230W×18枚で190万円にしてもらい契約しました。







次に進む→5太陽光発電HIT230 J-PEC国の補助金申込受理決定通知書

最初から読む→1太陽光発電HIT230の工事を契約しました



-------------------------------------------------------------

〔PR〕
太陽光発電システム
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽光発電HIT230の見積もりをとる

 太陽光発電の設置をいよいよ決意し、8月17日の夜に行動を起こすことにしました。
以下の4社のホームページから、見積もりの申し込みをしました。

○あんしん太陽光【エコの輪】 (株式会社エコスタイル)
 トップページにサンヨーHIT230w×18枚(4.14kw)のシステムの例が載っています。
kwあたり490,000円は4社の中で最安値です。
ただしパワコンが4kwの型番になっているので、5.5kwのパワコンならもう少し高くなるのかもしれません。

○太陽光発電最安値発掘隊 (yh株式会社)
 ホームページにはサンヨーHIT230w×20枚(4.6kw)のシステムの例が載っています。
kwあたり505,000円とエコの輪よりも高いのですが、パワコンは5.5kw用で計算されているので期待できます。

○省エネット (株式会社ジオックス)
 ホームページにはサンヨーHIT230w×20枚(4.6kw)の例が載っています。
kwあたり506,000円ですが、ここもパワコンは5.5kw用で計算されています。

○太陽光発電とくとくショップ (和上住電株式会社)
 サンヨーのHIT230wは、kwあたり528,000円で載っていました。
ただし、230w×20枚(4.6kw)なのにパワコンが4kwの型番になっています。
だから実際にはもう少し高くなるのかな?

 4社ともそれほど差はありませんが、一応値段順に並べました。
でも今後の交渉次第でしょう。楽しみです。


(1)太陽光発電とくとくショップ
 最近いろいろなサイトでグーグルアドワーズからのバナー広告を見ます。
ところが、待てど暮らせど、とくとくショップから返事が来ません。
忙しいんでしょうか。
とくとくショップからの返事が1か月後にやっと来た、なんていう経験談が書かれているブログがどこかにありました。

 私の場合は今日で25日目ですが、結局こことは全く接触なく終わりました。
このように放置されると、実際に施工してもらったあと何かあったときにすぐに対応してくれるか、という点で心配です。


(2) あんしん太陽光【エコの輪】
  返事が来たのは4日後の8月21日と、4社中3番目でした。
自宅へすぐ来たいというので了承しましたが、他の仕事が忙しくて遅くなり、結局その日には来られなくなりました。
これは会う前から第一印象が・・・。
仕方がないので自宅の写真と立面図をメールで送り、見積もりをとってもらうことになりました。

次の22日には見積もりが届きました。
見積額はサンヨーのHIT230×16枚(3.68kw)で202万円でした。

あれ?
kwあたり55万円と、ホームページに載っている金額よりかなり高い。

よく見るとパワコンの型番が4.0kw用なのに、42万円(5.5kw用の定価)になっている。
早いのはいいけど、こういう初歩的なミスをするようでは・・・。

メールで見積もりをし直してもらったら、197万円でした。
それでもkwあたり53.5万円は高い。
自分とこのホームページで載せているものより高いのは、何となくだまされたような気がします。

 発電量は最低でも4kw以上と思っていたので、この見積もりは正直ガッカリでした。
計画そのものをやめようかな。

 ちなみにこの会社は、屋根の大きさを瓦の枚数で考えています。
瓦1枚分の大きさを小さめに計算しているようなので、太陽光パネルはもう少し乗るような気がします。

 同時に出してくれた見積もりは、東芝(SPR-210N)×16枚(3.36kw)で182万円、シャープ単結晶(NQ-190AA)×18枚(3.42kw)で190万円でした。
やっぱりサンヨーが一番発電量が多いです。
シャープ単結晶は発売されたばかりとはいえ差額が7万円しかなく、意外と高いです。
これならHIT230の方がいいです。


(3)太陽光発電最安値発掘隊
 返事が2番目に早かったのがここです。
次の日の夕方に電話がかかってきたので、後日自宅へ来てもらうことにしました。

 ここは立面図を物差しで測って屋根の大きさを出す方法でした。
HIT230が第一希望であることを伝えると、20枚(4.6kw)乗ると言いました。
ただし屋根に段差があるので、夕方になると影になってしまう部分があります。
それを避けるなら18枚(4.14kw)です。

 それよりもここは東芝を強く勧めてきました。
東芝はすでに240wの新型パネルを発表しています。
それが秋以降に発売されるようなので、現行の210wパネルの販促をかけていると言っていました。
HITに比べると発電量でやや劣るものの、金額差が大きければ十分元が取れます。
かなり安くできるような口ぶりなので期待しました。

さらに、サンヨーや長州産業のHITパネルは人気が高いので、入荷に時間がかかると言っていました。
その上、5.5kw用のパワコンが品薄で、着工まで2か月から3か月かかるそうです。
一応、両方の見積もりを出してもらうことにしました。

後日渡された見積もりは次の通りでした。

サンヨー(HIT-N230SJ16)×20枚(4.6kw)の場合、2,227,614円。
kwあたり48.4万円。
長州産業(CS-N230SJ13)×20枚(4.6kw)で2,181,392円。
kwあたり47.6万円。
東芝(SPR-210N-WHT-J)×21枚(4.41kw)で2,057,876円。
kwあたり46.7万円。

いずれも(2)エコの輪よりもとても魅力的な数字です。
一番安いのは東芝ですが、かなり安くするような口ぶりだったので200万円を切るかと思っていました。
でも安いことは安いので迷います。

もう一つ迷うのは、日影になる部分があるので、枚数を減らすかどうかということです。
じっくり考えてみることにしました。

 いずれにしろ、一時は設置そのものをやめようかと思うところまで行ったのに、俄然やる気が出てきました。
 帰ってから名刺を見て気がついたのですが、来てくれたのは支店長さんでした。
どうしても注文をとりたいという意欲が感じられます。


(4)省エネット
 返事が一番早かったのはここです。
次の日の午後には電話があり、1週間後に自宅へ来てもらうことにしました。

 ここは2人で来ました。
ひとりが私と話をしている間に、もうひとりは屋根に上がって大きさを測りました。
室内では配電盤を確認したり、パワコンの設置場所も決めました。
その後で見積もりを出すのです。

本当に、3社とも見積もりを出す方法が異なったのが、今回の一番の驚きでした。
屋根にパネルが何枚乗せられるか心配だったので、実際に屋根の大きさを測った省エネットさんの情報は信頼できそうです。

サンヨーのパワコンが品薄だと聞いて心配している話をすると、全くそんなことはないといっていました。
契約すれば、50日後には売電が始まりますよと約束してくれました。
どちらが本当なんだろう?

東芝の安売りの話も、そんなことするわけがないと言っていました。

日影の話をすると、日影になることがわかっている部分にはパネルは乗せられないし、サンヨーの保証が受けられないのではないかと言っていました。
このあたり、2社でだいぶ説明が異なります。


この時点までで、パネルはサンヨーか長州産業のHIT230にすることに決めました。
そして影のことが心配なので、残念ですが18枚に減らすことにして見積もりをもらうことにしました。


省エネットさんが後日持ってきた見積もりは、
サンヨー(HIT-N230SJ16)×18枚(4.14kw)で、1,980,000円。
kwあたり47.8万円です。
総額200万円を切ってほしいと思っていたので、とても満足な結果でした。

すぐに契約してもよかったのですが、明日までに返事をすると言っておきました。
午後から(3)太陽光発電最安値発掘隊さんと会うことにしていたからです。
パネルを18枚で見積もりを作りなおし、持ってきてもらうことになっています。


太陽光発電最安値発掘隊さんが持って来たその見積もりは、長州産業(CS-N230SJ13)×18枚(4.14kw)で1,973,343円。


しばし沈黙が続きます。


自信を持って来たようですが、こちらの異変に気がつきます。
私は両方から見積もりをもらって安い方にしようと決めていたのです。

しかし、私がよい返事をしなかったのを見て、
支店長「195万円なら何とか・・・」
と切り出してきました。

私「う~ん、向こうはサンヨーだしなあ・・・」

支店長「わかりました。190万円でやらしてもらいます。

私「契約します」

で、契約することになりました。
kwあたり45.9万円です。
HIT230でこの金額は、なかなかないと思います。
支店長という立場もあり、手ぶらで帰るわけにはいかなかったのかもしれません。

しかも上記は補助金を含まない金額です。
補助金が全額もらえるとしたら合計393,720円です。
支払額から引くと1,506,280円となり、kwあたり363,836円になります。


省エネットさんもとてもよくしてくれましたが、もうこれ以上は無理だと思い、お断りのメールをしました。
とても残念ですという返信メールがあとで届きました。
エコの輪さんにもお断りのメールをしましたが、返事は来ませんでした。
とくとくショップさんは、参戦する前に終了しました。

「太陽光発電の元を取る」ための第一歩は、こうして順調にスタートしました。







次へ進む→4太陽光発電HIT230のパネルにこだわる

最初から読む→1太陽光発電HIT230の工事を契約しました


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
太陽光発電システム
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽光発電HIT230の設置を決めるまで

震災の影響とか、原子力発電所の停止とか、電気料金の値上げとか、エコな生活とかいろいろなことを考えました。
でも結局は単純に、初期費用はかかるけど太陽がある限り発電はずっと続くから、何年かすれば元が取れる。
そしてそこから先はタダで電気が生み出せる、と考えたからです。

元が取れる前に地震が来て家が壊れたり、家が火事になったりと、リスクはあります。
東日本大震災のときも、太陽光パネルを乗せた家が津波で流されていく光景がテレビに映っていました。

太陽光発電のメリットやデメリットをまず最初にたくさん勉強しました。
インターネットはとても便利ですね。
こういう勉強をしたいときにありとあらゆる情報が手に入ります。
太陽光発電の基本的な知識は、うまくまとまったサイトがいくつかあります。
たとえばこのページには、太陽光発電のしくみをとてもわかりやすく説明しているものがあります。
また特に参考になったのは、すでに自宅で発電している人たちのたくさんの記録です。

いろいろな情報を知り、よく考えて自分の家に合う方法を見つけました。

(1)オール電化にはしない。
オール電化にすると電気料金の契約がとても有利なものにできます。
しかしうちは井戸水を使っているため、エコキュートは向いていません。
どうしても井戸水に入っているミネラル成分が、細い管を詰まらせてしまいます。

ガス給湯器も、今使っている高木産業(パーパス)以外のメーカーだと、2~3年しかもちませんでした。
ガス給湯器なら丸ごと交換になっても、取り付け料金込みでも10万円以下で収まります。
エコキュートだと丸ごと交換では数十万円かかります。
これではせっかく発電しても、全部もって行かれそうです。

また温暖な地域なので、蓄熱暖房機も向いていません。
だから、オール電化にはせず、ガス併用でいくことにします。

東北の震災後は、オール電化のコマーシャルが流れなくなりました。
電気よりもガスの方が早く復旧したからと言われています。


(2)ローンは組まない。
ローンを組んで太陽光発電をする人がいますが、元々の金額が高いため、返すのが大変だと思います。
私はなんとか貯金があるため、自己資金でまかなえます。


(3)なるべく発電効率がよく出力の高いパネルを選ぶ。
私の住む地域は気候などが太陽光発電に向いている地域で、家も南向きの切妻の屋根なので、発電の効率がよさそうです。
でも、屋根はあまり広くないので、なるべく発電効率や出力が優れた太陽光パネルを使いたいと思います。

メーカーのホームページを見れば、パネルの仕様がわかります。
サンヨーや長州産業のHIT Nシリーズ(230W)、またはHIT Bシリーズ(205W)、東芝の単結晶(210W)、新発売?のシャープの単結晶(190W)あたりを考えました。
各社のパネルごとで縦横のサイズが違い、屋根の形や大きさも関係するので、一概に出力だけでは決まりません。同じ会社に複数のパネルの見積もりを出してもらえば比較ができます。
また自分でも、屋根の大きさをだいたいで考えて,そこにパネルが何枚乗るかを予想してみました。


(4)なるべく安く買うため、相見積もり(競合)をさせる。
 太陽光発電の設備をなるべく安く購入して設置したいので、複数の業者から見積もりをとって比較することにしました。
 売る側は少しでも高く売りたいと思っていて、客が言い値で買ってしまう人だったら利益がたくさんになります。
でも複数の業者から見積もりをとれば、他の店に客を取られたくないので、多少利益が減っても売りに来ます。
ポイントは、安くしてくれるなら必ず買うという姿勢を見せ、ホットな客だいうことをアピールすることです。
 見積もりだけならどこも無料です。
もしも見積もりが有料なら、最初から候補から外すことです。

 以前自動車を購入しようとして競合させたとき、
私「あっちの店の方が安いんだけど・・・。」
と言ったら、
店員「じゃあもう10万円値引きします。」
と返ってきたときは本当にびっくりしました。
ものの値段って何なんだろうっと思いました。


 最初は同じ市内の地元企業を探しました。
何かあったときにすぐに対処してくれそうだからです。
しかしkwあたり63万円とか、平気で書いてありました。
あるいは金額の例が書いてない企業ばかりでした。

 今回は地元の業者はあきらめ、全国区で販売している業者をインターネットで探しました。
ポイントはホームページに具体的な価格の例が載っていること、そして安いことです。
実際にその企業で施工した人のクチコミも参考にしました。
私の住んでいる地域で施工実績があるかという点も気をつけました。
そして次の4社に絞りました。

・あんしん太陽光【エコの輪】 (株式会社エコスタイル)
・太陽光発電最安値発掘隊 (yh株式会社)
・省エネット (株式会社ジオックス)
・太陽光発電とくとくショップ (和上住電株式会社)

この4社はサンヨーHIT230のパネルを、kwあたり50万円前後の金額で売っています。
また、実際に利用した人の評判もよいようです。
8月17日、ついに行動を起こすことにしました。







次へ進む→3太陽光発電HIT230の見積もりをとる

最初から読む→1太陽光発電HIT230の工事を契約しました


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
太陽光発電システム
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽光発電HIT230の工事を契約しました

突然ですが、太陽光発電を始めます。
でも、自分の中では突然ではなくずっと前から考えていました。
なかなか決断するのは難しいですね。

で、いろいろあって、先日業者と契約をしました。
その内容を載せます。(個々の価格は税抜きです。)

----------------------------------------------------------

長州産業太陽光発電モジュール CS-N230SJ13 18枚(4.14kw)1,116,180円
パワーコンディショナ SSI-TL40A5CS 179,140円
接続箱 PVC-SNK42 16,500円
ケーブルPVC-CN20A 3本 13,680円
カラーモニターSTK-RCS-PCM2CCS 43,200円
差し込み式架台3段セット12 セット 121,824円
モジュール設置基本工事 86,000円
電気配線工事 78,000円
架台据付設置工事 98,000円
モニター配線工事 12,000円
売電メーター取付工事 25,000円
連系費 20,000円

----------------------------------------------------------
税抜き小計 1,809,524円
消費税 90,476円

税込み合計 1,900,000円
(補助金は含んでいません)

----------------------------------------------------------

この金額は、工事が完了したときに業者に支払う金額です。
国と県と市から補助金があるので、実際の負担はもう少し軽くなります。

国の補助金はkwあたり4.8万円なので約20万円、県の補助金は最高額の12万円。
市は抽選になりそうなので0円だと計算しても、合計で約32万円は入ります。
(後日、この抽選に当選しました。
これで補助金の合計は393,720円になりました。)

全国的には補助金が少ない方なので、多い方がうらやましいです。
それでも実質の支払額は150万円~158万円になります。

長州産業のパネルはHIT230のパネルです。
サンヨーやパナソニックが販売しているものと全く同じ種類のパネルですが、3社の中で一番価格が安いです。
ブランドにこだわらなければ、一番よい選択だと思いました。

公称最大出力は1枚に付き230W です。
これは現在各社から販売されているパネルの中で最高のスペックです。
(もう少しすると、東芝から240Wの太陽光パネルが発売されるらしいけど。)
南向きの屋根にめいっぱい乗せると18枚。合計で4.14kwです。
屋根が狭いので、出力が高く効率のよいパネルを選びました。


太陽光発電を始めるにあたり、「太陽光発電は元が取れるのか」を真剣に考えました。
ほとんどの人は元が取れないんじゃないかと言います。
また、元を取ることが目的ではないと言う人もいます。

でも私は、太陽光発電で少なくとも元は取りたいと考えてます。
そのためには、「なるべく発電効率のよいパネルを、なるべく安く買うこと」だと考えました。

上に示した金額なら、2011年9月現在ではなかなかない、とてもよい条件だと思っています。
いろいろなホームページに載っている価格よりも安いと思います。
(パネルは年とともにだんだん値段が下がると思うので、今後は安く買えるようになると思います。)

もしも市の補助金の抽選に外れても、年間15万8千円分発電すれば10年で元が取れる計算です。
あくまで計算上なので、本当に元が取れるかは発電量次第です。
でも、電気料金のカラクリもあるので期待できる数字だと考えてます。

太陽光発電設置にあたっていろいろ考えたことや、実際に元が取れるのかどうかを、このブログに今後も書いていこうと思います。







次へ進む→2太陽光発電HIT230の設置を決めるまで


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
太陽光発電システム
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネスレブライトカフェアラカルト@モラタメ情報

今回のモラタメ情報は、ネスレ日本株式会社から「ブライト カフェアラカルト」です。
ブライト カフェアラカルト 3種セットが3000名に当たります。

Brite

コーヒーは大好きです。
毎日コーヒーメーカーで入れ、水筒に入れて会社へ持って行きます。
だいたい5杯分ぐらい入ります。
夏はアイスで、冬はホットで持って行きます。

ネスレのブライトといえば「コーヒーに入れる粉末のクリーム」というイメージですが、
今回ご紹介するカフェアラカルトは、9月1日に新発売のものです。
「バニラカプチーノ」「キャラメルショコラテ」「ダブルショコラテ」の3つのフレーバーが楽しめます。
当選すれば3種セットのようなので、どれが一番のお気に入りになるか楽しめます。

ぜひ一度試してみたいです。
よろしくお願いします。m(_ _)m

さらに今回は、フォトコレ投稿キャンペーンも実施されます。
お気に入りのカップにネスレブライトカフェアラカルトとでコーヒーを入れたようすを応募すれば、
カトルフィーユアソートセットが10名に当たります。


-----------------------------------------------------

■ネスレ ブライト カフェアラカルト バニラカプチーノ

パティシエ高木監修で、デザート感覚で楽しめる、ほんのり泡立つフレーバー付クリーミングパウダー。
バニラビーンズとカカオパウダーを使用しており、豊かな香りをお楽しみいただけます。


■ネスレ ブライト カフェアラカルト キャラメルショコラテ

パティシエ高木監修で、デザート感覚で楽しめる、ほんのり泡立つフレーバー付クリーミングパウダー。
キャラメルパウダーとカカオパウダーを使用しており、豊かな香りをお楽しみいただけます。


■ネスレ ブライト カフェアラカルト ダブルショコラテ

パティシエ高木監修で、デザート感覚で楽しめる、ほんのり泡立つフレーバー付クリーミングパウダー。
ホワイトチョコレートパウダーとカカオパウダーを使用しており、豊かな香りをお楽しみいただけます。

内容量:10g
希望小売価格(税込):¥48


-----------------------------------------------------

この情報の提供者は、メーカーが新発売する商品を無料でもらえたり、送料程度の金額で試せたりするサイト「モラタメ」です。

ネスレ日本株式会社のブライト カフェアラカルト 3種セットが3000名に当たります。
申し込み締め切りは2011年9月11日、発送予定は2011年9月16日です。


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »