« 太陽光発電HIT230の工事を契約しました | トップページ | 太陽光発電HIT230の見積もりをとる »

太陽光発電HIT230の設置を決めるまで

震災の影響とか、原子力発電所の停止とか、電気料金の値上げとか、エコな生活とかいろいろなことを考えました。
でも結局は単純に、初期費用はかかるけど太陽がある限り発電はずっと続くから、何年かすれば元が取れる。
そしてそこから先はタダで電気が生み出せる、と考えたからです。

元が取れる前に地震が来て家が壊れたり、家が火事になったりと、リスクはあります。
東日本大震災のときも、太陽光パネルを乗せた家が津波で流されていく光景がテレビに映っていました。

太陽光発電のメリットやデメリットをまず最初にたくさん勉強しました。
インターネットはとても便利ですね。
こういう勉強をしたいときにありとあらゆる情報が手に入ります。
太陽光発電の基本的な知識は、うまくまとまったサイトがいくつかあります。
たとえばこのページには、太陽光発電のしくみをとてもわかりやすく説明しているものがあります。
また特に参考になったのは、すでに自宅で発電している人たちのたくさんの記録です。

いろいろな情報を知り、よく考えて自分の家に合う方法を見つけました。

(1)オール電化にはしない。
オール電化にすると電気料金の契約がとても有利なものにできます。
しかしうちは井戸水を使っているため、エコキュートは向いていません。
どうしても井戸水に入っているミネラル成分が、細い管を詰まらせてしまいます。

ガス給湯器も、今使っている高木産業(パーパス)以外のメーカーだと、2~3年しかもちませんでした。
ガス給湯器なら丸ごと交換になっても、取り付け料金込みでも10万円以下で収まります。
エコキュートだと丸ごと交換では数十万円かかります。
これではせっかく発電しても、全部もって行かれそうです。

また温暖な地域なので、蓄熱暖房機も向いていません。
だから、オール電化にはせず、ガス併用でいくことにします。

東北の震災後は、オール電化のコマーシャルが流れなくなりました。
電気よりもガスの方が早く復旧したからと言われています。


(2)ローンは組まない。
ローンを組んで太陽光発電をする人がいますが、元々の金額が高いため、返すのが大変だと思います。
私はなんとか貯金があるため、自己資金でまかなえます。


(3)なるべく発電効率がよく出力の高いパネルを選ぶ。
私の住む地域は気候などが太陽光発電に向いている地域で、家も南向きの切妻の屋根なので、発電の効率がよさそうです。
でも、屋根はあまり広くないので、なるべく発電効率や出力が優れた太陽光パネルを使いたいと思います。

メーカーのホームページを見れば、パネルの仕様がわかります。
サンヨーや長州産業のHIT Nシリーズ(230W)、またはHIT Bシリーズ(205W)、東芝の単結晶(210W)、新発売?のシャープの単結晶(190W)あたりを考えました。
各社のパネルごとで縦横のサイズが違い、屋根の形や大きさも関係するので、一概に出力だけでは決まりません。同じ会社に複数のパネルの見積もりを出してもらえば比較ができます。
また自分でも、屋根の大きさをだいたいで考えて,そこにパネルが何枚乗るかを予想してみました。


(4)なるべく安く買うため、相見積もり(競合)をさせる。
 太陽光発電の設備をなるべく安く購入して設置したいので、複数の業者から見積もりをとって比較することにしました。
 売る側は少しでも高く売りたいと思っていて、客が言い値で買ってしまう人だったら利益がたくさんになります。
でも複数の業者から見積もりをとれば、他の店に客を取られたくないので、多少利益が減っても売りに来ます。
ポイントは、安くしてくれるなら必ず買うという姿勢を見せ、ホットな客だいうことをアピールすることです。
 見積もりだけならどこも無料です。
もしも見積もりが有料なら、最初から候補から外すことです。

 以前自動車を購入しようとして競合させたとき、
私「あっちの店の方が安いんだけど・・・。」
と言ったら、
店員「じゃあもう10万円値引きします。」
と返ってきたときは本当にびっくりしました。
ものの値段って何なんだろうっと思いました。


 最初は同じ市内の地元企業を探しました。
何かあったときにすぐに対処してくれそうだからです。
しかしkwあたり63万円とか、平気で書いてありました。
あるいは金額の例が書いてない企業ばかりでした。

 今回は地元の業者はあきらめ、全国区で販売している業者をインターネットで探しました。
ポイントはホームページに具体的な価格の例が載っていること、そして安いことです。
実際にその企業で施工した人のクチコミも参考にしました。
私の住んでいる地域で施工実績があるかという点も気をつけました。
そして次の4社に絞りました。

・あんしん太陽光【エコの輪】 (株式会社エコスタイル)
・太陽光発電最安値発掘隊 (yh株式会社)
・省エネット (株式会社ジオックス)
・太陽光発電とくとくショップ (和上住電株式会社)

この4社はサンヨーHIT230のパネルを、kwあたり50万円前後の金額で売っています。
また、実際に利用した人の評判もよいようです。
8月17日、ついに行動を起こすことにしました。







次へ進む→3太陽光発電HIT230の見積もりをとる

最初から読む→1太陽光発電HIT230の工事を契約しました


-------------------------------------------------------------

〔PR〕
太陽光発電システム
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


|

« 太陽光発電HIT230の工事を契約しました | トップページ | 太陽光発電HIT230の見積もりをとる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9859/52657781

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電HIT230の設置を決めるまで:

« 太陽光発電HIT230の工事を契約しました | トップページ | 太陽光発電HIT230の見積もりをとる »