« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

ミイラの呪い?「エッツィ」

Yahoo!ニュースを見ていたらこんな怖い記事が・・・

---------------------------------------------------

ミイラの呪い?研究者ら7人が謎の死…イタリア

 【ローマ=藤原善晴】イタリア北部のアルプス山中で1991年に発見された約5300年前の男性のミイラにかかわった7人が次々に謎の死をとげ、地元メディアが「ミイラの呪いでは」と報じる騒ぎとなっている。

 ミイラは、死亡時46歳ぐらいだったと見られ、「エッツィ」と名付けられた。最初の「犠牲者」は、発見時に素手でミイラを遺体袋に入れた法医学者。92年、「エッツィ」についての研究発表に向かう途中、自動車事故で死亡した。以後、ミイラ収容の様子を独占撮影したジャーナリストらが次々に謎の死をとげた。

 最近では10月、「エッツィ」についての本の出版を準備中だったオーストラリア在住の科学者トム・ロイ氏が自室で病死しているのが見つかった。

 ロイ氏は、当初、事故死したと見られていたミイラについて、「集団間の争いで殺害された」との研究結果を発表した人物。

 伊レプブリカ紙は「7人目の犠牲者」とした上で、「パソコンから『エッツィ』研究データが消えていた」、と報じた。家族は、ロイ氏が12年前、「エッツィ」研究に取り組み始めた直後に、血液関係の病気と診断された、と明かしている。
(読売新聞) - 12月30日
---------------------------------------------------

まるで映画の世界みたい。本当にこんなことがあるんですね。
科学的に解明されるといいんですが。



〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

こたつのヒーターユニット交換

応接間に置いてある、こたつのヒーターユニットを交換することになった。

コタツのスイッチを入れても温かくならない。
どうやら故障してしまったようだ。
部品さえ手に入れば簡単に交換できそうなのでやってみることにした。

02



(写真はクリックすると大きくなります)
これが交換前のようす。
真中にはファンがあり、その左右に1本ずつヒーターが取り付けられている。
ヒーターそのものが悪いのか、それにつながっていて温度調節をするつまみ(バリコン?)が悪いのか、素人には判断できない。
そこでユニットごと交換することにした。

03




買ってきたのはこれ。
メトロという会社のMHF-600Eというヒーターユニットだ。
箱にはコタツ用取替えヒーターと書かれている。
近くのカインズホームで5980円だった。
もちろん事前にネットでしっかりと調べた。
買ってきたけど大きさが合わなかったでは笑い話になってしまう。

通常のコタツの場合、枠の大きさが29cm×29cmで、取り付けるねじの間隔が20cmのものがほとんどだ。
しかし、私のは家具調コタツなので通常よりも大きく、枠が33cm×33cmでねじの間隔は22cmだった。
販売されている交換用ヒーターユニットはすべて29cm×29cm用なので、私の場合スペーサー付きのものを買わないと合わない。

純正のモリタ(森田電工)のホームページは不親切で、このあたりの製品情報が全くない。
問い合わせも電話だけなので、ネット中毒の私には合わない(笑)。
一方メトロでは親切に製品ごとの情報がしっかりと書かれていた。
どうやら自分のコタツにも合いそうだ。

06




箱を開けてみると、コタツのヒーター以外にちゃんとスペーサーも入っていた。
写真の下部にある、2本の黒い棒のようなものがそうだ。
ドライバー1本で簡単に取り付けは終了した。
これぐらいなら間違いなく誰でもできる。

07




今まで付いていたものは510Wだったのが600Wにグレードアップ。
さらにハロゲンなので寿命と温かさと明るさがアップ。
明るさはあまり関係ないと思うけど。
もちろんファンが付いていて、コタツの中の温度を均一にできる。
電子コントローラーがついて、温かさが無段階に調節できる。
サーモスタットのように強くなったり弱くなったりをくり返すことがないそうだ。


メトロでは、製品番号がMSで始まるのが石英管、MHで始まるのがハロゲン管、MQで始まるのがコルチェヒーターだ。
石英管 < ハロゲン管 < コルチェヒーター の順に高価になり、その分寿命や即暖性に優れている。

次のUはU型に曲がっているもの、Fは2列になっているものを表している。
そしてそのうしろの500とか600というのがワット数だ。
スペーサーが付いているものは600Wのものだけのようである。
厚さが43mmなので、他社と比べて一番薄い。

MQU-600E(K)・・・U字型コルチェヒーター 600w スペーサー付
MHU-600E(K)・・・U字型ハロゲンヒーター 600w スペーサー付
MSU-600E(K)・・・U字型石英管ヒーター 600w スペーサー付
MSF-500H(K)・・・石英管ヒーター2本 500w
MS-400HS(K)・・・石英管ヒーター2本 400w


ちなみに楽天ショップでは、同じものが2000円以上安く売られている。
本当はそちらで買いたかったけど、残念ながら年末年始のお休み期間になってしまっていた。
大晦日や正月の家族団らんにはコタツが必要だからしかたがない。
ちょっと損した気分。
でも、ネットのお小遣い稼ぎでもらったギフトカードが使えたからまあいいか。
カインズホームでもJCBギフトカードやVISAギフトカード、UFJニコスギフトカードが使えることを確認できた。

これから買おうと思う人は、楽天の最安値を確認することをおすすめします。


◆楽天最安値情報(メトロ ヒーターユニット)

◆楽天最安値情報(こたつ ヒーターユニット)




アマゾンならこちら


〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (5) | トラックバック (1)

パナソニック カーナビ用最新版地図ソフト

PanasonicHDDカーナビ用最新版(2006年度版)地図ソフトの予約が始まりました。DVDカーナビ用最新版(2006年度版)地図ソフトもあります。

私が持っているカーナビはCN-HDS930MDです。購入してもうすぐ1年というところです。とにかく画面がキレイで、新車購入と同時にすぐに取り付けました。カーナビの性能としては全く問題なく満足しています。AVとしては低音がお粗末で、ラジカセなみの低音しか出ません。かなりがっかりしました。一度でも重低音が出るコンポを使ったことがある人は、きっと同じ思いをするでしょう。純正スピーカーはすでに取り替えたけど、全く効果なし。サブウーハーの取り付けをを検討中ですが、これも効果がなかったらと、ちょっと心配しています。

私の住んでいるところでは、最近道路がどんどん新しくなっています。高速道路も、名古屋付近の東海環状道路などは私のカーナビでも載ってなく、愛車が田んぼの中を進んでいきます。(笑)

私が買おうとしているのは、12月中旬発売予定の2006年度版HDDナビバージョンアップ・全国地図データ更新キットHDS900・930・950用 CA-HDL1624Dです。特徴は、

●2005年12月までの市町村合併に対応。
●一般道レーンデータが全国約55,000件→約79,000件に増加。
●一般道方面看板が全国約53,000件→約62,000件に増加。
●CDDBデータベース更新。
●ジャンル検索、周辺検索の索引が変更。
●インテリジェントルート案内(事故多発交差点案内・渋滞データバンク・ライブビュー交差点拡大図)の機能を追加。

と、最新のHD935MDなみの機能がつくそうです。

パナソニックのウェブショップ「パナセンス」でも購入予約ができますが、ちょっと高い。(^^;)
楽天でもすでに購入予約が始まっている店があります。↓のリンクをクリックすると、現在の購入価格が安い順に出てきます。興味がある方は、確認してみましょう。


▼対応機種一覧(更新ソフトが販売された本体品番がご確認できます)

◆地図ソフトの品番 : CA-HDL1624D
カーナビ本体品番 : CN-HDS900D/CN-HDS930MD/CN-HDS950MD
パナセンス販売価格:25,200円(税込)
楽天最安値の確認とご購入・ご予約はこちら


◆地図ソフトの品番 : CA-HDL1623D
カーナビ本体品番 : CN-HS400D
パナセンス販売価格:21,000円(税込)
楽天最安値の確認とご購入・ご予約はこちら


◆地図ソフトの品番 : CA-HDL1622D
カーナビ本体品番 : CN-HDX300D
パナセンス販売価格:21,000円(税込)
楽天最安値の確認とご購入・ご予約はこちら


◆地図ソフトの品番 : CA-HDL1621D
カーナビ本体品番 : CN-HD9000SD/CN-HD9000WD/CN-HD9000D/CN-HDX730D
パナセンス販売価格:21,000円(税込)
楽天最安値の確認とご購入・ご予約はこちら

パナソニックDVDカーナビ用最新版(2006年度版)地図ソフトはこちら



〔PR〕
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »