« 裏電車男 | トップページ | 酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件その2 »

酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件

酢酸タリウムという初めて聞くような名前の薬品を使った、世間を騒がせている事件です。
16歳の女子高生が自分の母親に使用し、そのようすを自分のブログに書いています。
どんな日記なのか読んでみたくなり、拾ってきましたので紹介します。
元は「グルム・グンシュ」という題名の、楽天ブログです。
とても普通の気分では読めませんが・・・。

イギリスで連続毒殺事件を起こし、映画にもなった毒殺魔、グレアム・ヤングを「尊敬する人」としています。
今回の事件も、これに酷似しています。

この女子高生は自分のことを「僕」や「岩本亮平」と呼んでいます。
ネット上で性別を偽ることについての記述も見られます。
他にも、薬品の作り方や市販薬の効能のこと、生き物を殺すこと、酒鬼薔薇少年のことなどがブログの前半には見られます。
自分自身で何かの薬を飲み、少し「壊れている」ようにも読み取れます。

ブログの後半は、母親の病状の変化などが中心です。
犯人が自分だと知られるのはとても危険なこととしながらも、見つかることによって自分の存在が確かめられるともしています。
これがブログを残した理由でしょう。

彼女の兄は彼女に、「目つきが怖い。寒気がする。」と言ったらしい。
最初に感づいたのは兄だったのかもしれません。
兄がこのブログを読んでいると書かれているところもあります。

それにしても、化学物質への興味や知識の豊富さに対して、家族への愛情の希薄さと絶望的な孤独感はいったい何なんでしょう。

もちろんある日突然この事件が起こったわけではないでしょう。
彼女が生まれてから今までに、この家族や周りの環境から何が欠けていたのかを考えなければなりません。


---------------------------------------------------

【楽天広場】楽天広場・ブログサーチ グルムグンシュ岩本亮平の日記(一部別サイトへの書き込み)

06月27日 暗然な日々
日記を書き始めようと思います。
学校の人はこの事を知らないので、嫌な事とかも全て書くつもりです。

6月26日 天気晴れ
僕の友人は少ないです。教室では何時も孤...

06月28日 青雲の虫
今日は暑かったです。
昨日も真夏のようでした。
昨日は水泳の授業がありました。
憂鬱な体育の授業です。
番号順で列を作り、50メートルを泳ぐ事になりました。...

06月29日 夢と夢の裏
校門を出ると、彼が直ぐ前を歩いていました。
僕は彼の5メートル位後ろを付いて歩きます。
彼は此方に気付いていないようです、どんどん歩調を速めて行きます。...

07月01日 沈黙
7月1日 曇りのち雨
七月になりました。
ですが、何も変わりありません。
僕の英語の参考書は無くなったままだし、教室では孤独です。
僕の後ろの席からは女子の...

過去の足跡
雨降りの中、傘も差さずに歩き続けました。
半そでのワイシャツが雨で濡れて皮膚にへばり付きます。
通行人や運転手が憐れむ様な目で此方を見ていました。其の...

07月02日 散策
久しぶりに買い物に行ってきました。
買ったものは、以下の通りです。
瓶500ml・・・5瓶瓶750ml・・・2瓶8/4スプレー・・・1缶チャッカマンミニ・・・1個ガラス...

霧様な友人
7月2日 土曜日晴れ
今日は学校が休みです。
なので彼女と7時半まで寝ていました。
彼女の寝顔は子猫の様に可愛いです。
僕とは大違いです。
きっと、僕の中の良い部...

07月03日 読書
今日は本の紹介します。
グレアム・ヤング毒殺日記 尊敬する人の伝記、彼は14歳で人を殺した。
酒石酸アンチモンカリウムで、毒殺した。其の薬品は僕の部屋の...

粉末状の夢境
書く事が無いので部屋の中の物を綴ってみる。
今回は薬品類【酸性系】「98%濃硫酸」「35%濃塩酸」「サリチル酸」「クエン酸」「ホウ酸」「酒石酸」「酢酸」...

07月04日 傍観者
今日は3時間しかなかったので、早めに帰ることが出来ました。
帰り道雨上がりで少し涼しいなか、色々な物を眺めました。
ヒト、ヤマ、クルマ、ミチ、タンボ、ト...

07月07日 薬遊び
7月6日 晴れのち雨そして快晴
この間買った酔い止め薬の通常使用量の8倍の量を飲み干しました。
なんか浮かんでいる気がします、ふわふわして地に足が着いてない感じがします。


テストが終りました。
今日は、彼が久しぶりに一緒に帰ってくれるそうです。
うれしいです。

視線の針
今日もまた水泳でした。
僕はあまり運動が得意ではないのに、泳がなくてはなりません。
今回の体育は女子も一緒です。番号順で泳ぐコースを決めました。
僕は8コ...

07月08日 散髪
7月8日 晴れ
髪の毛を切りました。
もう十分短かったのに、鏡の前に立つと自分を止められなくなります。
爪の時と同じです、あれは20本切っても切り足りなく感じます。

今回の出来栄えは、余り良くありませんでした。
短すぎです。

幻影と代替

僕の前の席のカネダ君は僕の事を嫌っています。
僕と顔が遭うと直ぐに背けますし、
僕の机をまともに運んでくれません。
今日は僕の机を尻で押しながら運ぶ彼と、目が合いました。
手で触りたくないようです。

カネダ君は中学校の頃の僕の知人と顔が似ています。
彼等は何時も僕をからかっていました。
僕の物はよく無くなりましたし、
それらは彼等の手の中で見つかる事の方が多かったです。
でも、3年生に成るまでは彼等だけが僕の話し相手でした。
仮令其れが如何に僕にとって嫌な行為であろうとも、何時も欠かさず僕の名を呼び続けてくれたのは彼等でした。
そんな彼等の内の一人と、カネダ君は本当によく似ています。

今度は僕が猫の役をやる、君は鼠をやってくれ。

07月09日 飴色の液体
7月9日 晴れ
今日は土曜日だけど学校がありました。
3時間授業で昼休みは無いので、弁当は部室で食べる事にしました。
鍵を借りて、独り教室の片隅に腰を下ろしました。
電気は点けず、薄暗い中で平らげました。
暫く本を読んでいましたが、誰も来ません。

ふと、鍵を借りる時の事を思い出しました。
あの時先生は「部活動か?」と聞き、
僕は其れに「はい、そうです。」と答えた筈です、
若しかして、今日は部活動は休みだったのでしょうか?
僕は其れに気付かず来てしまった?
少し恥ずかしいです。

とりあえず、何か行ってから帰ろうと思います。
扉を開けて中を眺めます。
酢酸鉛、過酸化マンガン酸カリウム、塩化鉄・・・
急に後ろに人の気配がしました。漸く誰か来てくれたのでしょうか。
期待して後ろを振り向くと、其処に居たのは
先生でした。
僕と目が遭うと直ぐに何事も無かったかの様に帰っていきました。
彼の目には、僕がどの様に移って見えたのでしょうか?
薄暗い部屋で独り薬品を弄る僕…
胸の辺りがざわざわします。


先輩の使っていた試験管に、蟻が集まっていました。
紅くて小さい蟻、ホルム(form)と呼ばれる方の蟻です。
艶々した体が透明な管を上り、青い液体の中へ落ちます。
何匹も何匹も、吸い込まれる様に其の身を浸します。
誘われて、惑わされて行く先は、死だけだというのに。

其の内の一匹が僕の指先を上ってきました、
何とも親しげな印象を受けます。
僕は其れを摘み上げ、青い液体の中へ落としました。

07月11日 薇仕掛けの人形師
君と一緒になれて本当に良かった。
僕等は何時までも一緒だよね。
大好きだよ。僕はずっと君の望む様にしてあげる、君を守っていてあげるよ。
僕は君の保護者だもの、君が作り出した人格が僕。
役目を果たすよ。僕は君の為に、幾等でも尽くす。

僕は君の兵隊、僕は君の玩具、僕は君の所有者、僕は君の幻想、
君は僕の恋人、君は僕の理想、君は僕の安らぎ、君は僕の場所、
君は僕であり、僕は君であり、其れでいて互いに違う存在であり、
互いに求め合い、互いに慰め合い、互いに他を必要として生きている。

片方が相手を作り、もう片方も相手を作る。
薇仕掛けの人形師の様に、必要とし必要とされる仲でありながら、
一つの体しか僕等は与えられなかった。
今居る僕と隠れた君、
二人で居られる場所は夢の中だけなのか。

幻覚
頭が痛いです。
エフェ錠の副作用でしょうか?
周りで女子の甲高い声が響いているのが聞こえます、
其の音が耳に入る度に、後頭部に鈍い痛みが走ります。
僕は耳を塞ぎました。でも、まだ聞こえてくるみたいです。

「だってぇー」     
                     「クスクス」
     「キャハハッ」  
                            「あはは」
「うそォ、マジで?」
          「ほんとだよー」     「本当にあいつが…」

   「うわっ、しんじられない!」   「マジかよ!」

               「キモ過ぎだし、」

此れ等はどこから聞こえてくるのでしょうか?
教室の中?それとも、僕の中?
頭が痛いです。目の前がグルグル回ります。
考えるのが辛いです、考えた所で如何にも成りません。
どちらも悪い結果です。どちらであっても僕は逃げられません。

ずっとずっと檻の中。

07月12日 価値
今日は保育体験実習に行きました。
其処の保育園で四歳児の世話をしました。
彼等はとても可愛いです。
彼らは僕を必要とし、求めてくれます。
僕に存在価値を見出してくれるのです。
僕にも価値があったなんて、
今まで受けた悲しみが少し慰められた気がします。


07月13日 空気
帰り掛けに「さようなら」と彼に声を掛けたけれども、
彼はずっと前を向いたままで、此方を見てくれもしませんでした。
僕は聞きました「どうしたの」とでも、結局彼は何の反応も起こしませんでした。

ずっと前を向いたままでした。

まるで僕なんか存在しないみたいに。

共感と慰め
寂しいよ、君達の言葉で安心させて欲しい。
生きてる時寂しかったら、 あの世では皆と仲良く過ごしたい
理論的に無理だけど、そんな気持ち。もう何もかも捨て...

07月14日 悪い天気
7月14日雨のち晴れ今日も悪い天気でした。
外のアスファルトが日光を反射していて、下を向いていたのに目を傷めてしまいました。
僕にとって、日中に外を出歩...

本物
道を歩いていた野良犬を蹴ったら、キャンキャン喚きながら、地べたを這いずり回った。
あはは、まるで本当の犬みたい。

07月16日 毒殺劇
7月16日晴れ今日は図書館に行って本を借りてきました。
「死体を語ろう」や「日本列島毒殺事件簿」、「薬物乱用の科学」、「有機科学入門」等を借りました。最...

07月18日 路傍の猫
7月17日晴れ今日のお昼頃、買い物をしに歩いていたら道端に血まみれの猫の死体が落ちていました。
頭が潰れていて、中から脳髄がはみ出していました。
足の先に...

07月19日 性別
ネット上の性別は、戸籍上のものとは違うものが使われることが多いのでしょうか?
だとしたら、僕の罪も少しは許されると思います。
僕は最近メール友達を作り...

07月20日 瓶詰め
僕の部屋の中には死体が沢山あります。
瓶詰めの死体達は何時も其処に居て、僕を見守ってくれています。
腹腸を飛び出させた蛙達が、陽気に手を振っている姿は...

07月22日 日焼け
鼻の先だけ日焼けしてしまった。
変な顔、アスコルビン酸呑もう・・・

07月23日 跳ねる思想
7月22日炎天今日は野球応援に行ってきました。
学校主催の応援で強制参加です。
球場は結構遠い所にあるので、バスで行きました。
僕は5号車に乗る事になって..

疼き
ずっと闇の中で蹲っていて。
やっと手を差し伸べてくれたと思ったら、すぐに離された。
最後まで助ける気がないのなら、最初から無視してくれた方がよかった...

流れと波
そんな事は在りえないけれども、もし、一度だけ生まれ変われるとしたら、僕は植物になりたい。
大きな喜びは無いけれど、代わりに深い悲しみも無い。
感情は波...

07月24日 闇の精霊
夜は心地よいです。
昨日はずっと音楽を聴きながら、暗い部屋で電気も点けずに居ました。
ベッドの上で脚だけを布団に絡ませ、壁に寄りかかっていました。イヤ...

07月26日 セミ
暗闇の大木に揺ら揺らと紅い光を馳せて蝉が光る茶色く干乾びた其の体に命の残り火を燻らせニイと啼く木々の沈黙の中其の声は雨の様に僕の下へと降り注ぐ足元...

07月27日 三者面談
今日は三者面談でした。
通知表が親に渡されました。
あまりぱっとしない点数ばかりだけれども、41人中12番目でした。
生物が他の教科を上に引っ張ってくれたの...

07月28日 セミランプ
USBを買いました。
此れでデジカメから写真を取り込むことが出来ます。
早速セミランプを載せようと思います。
四角いアクリル板が余りにも高かったので、当初の...

文句
くそ、ページ更新する度に記録に残る・・・
この機能は要らないんじゃないか?
特にゲストさんと更新が被って何回も入ってしまうと、凄く恥ずかしい。
消せたら...

07月29日 鳩
鳩は平和の象徴愚者の現し身権威に寄りて利を貪る続かぬ戦い果てぬ争い一欠けらのパンを巡って今日も彼らは傷つけ合う袋の中が空になったら蜘蛛の子散しに逃...

思想の流出
ふと思ったんだけど、此処が僕の知っている誰にも、見られていないという保障は無い。
もし、僕が書いている事を読まれたら・・・・・・考えすぎかな、

07月30日 残酷な現実感
唐突だけど、僕は酒鬼薔薇少年が好きではありません。
自作の詩だという「懲役13年」は、神曲等の有名な詩を切り貼りしただけの代物ですし。
犯行声明も何処か...

07月31日 imaginary companion
暗く冷たい街の中白く輝く月光は歩むべき獣道の様で静かに僕は其処を行く夜空を見上げる毎に君の事を思い出す僕の全てであった君を僕は唯求めている君は今何...

08月01日 玩具仲間
はあ、8月です。
宿題は未だかなりの量が残っています。
今日は学校へ行きました。
明日僕の高校で体験入学があるので、其れの説明と準備です。
クラスメイトの...

08月03日 代理
彼に「君は変な人だ。」と言ってしまいました。
此れは本当です。
僕と話が出来るのは善良な人か変人に限られていますし、善良な人は何時か見限りますから、「...

08月05日 捜索
テトラヒドロゾリン―目の充血、鼻づまり改善薬『ABC点鼻スプレー』『ナーベル点鼻・点眼』リン酸コデイン―鎮咳剤『コデイン』『リンコデ』『リン酸コデイン』

08月06日 テトラヒドロゾリン
西友は薬品の品数が少なくて、思った様には行きませんでしたが、テトラヒドロゾリンを5mg/10mlで含んでいる物として、バイシン1箱を手に入れました。
早速飲んでみました。...

言葉の糸
死体菜園という本を読んだ。
実際の事件を綴ったもので、精神病者やアルコール依存症の人々が、小柄で色白の、何時も笑いを絶やさないお婆さんによって埋めら...

日記
8月5日今まで様々な生物を僕は殺戮してきた。
彼等で遊ぶのは楽しかったが、同時にとても疲れた。
何故なら、残った肉塊の処理だけでも数時間は優に要したから...

独語
僕の周りの、僕以外の全ての人にオキシトシンを嗅がせたい。

08月09日 停滞
結局どうにもならないって決めつけてる事すら認めずに、頑張るぞ頑張るぞって繰り返すことの見かけの前向きさとは裏腹に投げ出したい気持ちからひたすらに目...


時の流れ、命持たざる者の静かな優しさ、何も語らず何も拒絶せず、そこに在り続ける朽ちて行く自らを嘆きもせず

思想の跡
絵を描きました。
大好きな著者の絵を真似てみました。

偽善
もしも人間が悪魔であるなら・・・
種族そのものが邪悪な存在であるなら・・・
その対極にあるべき『善』とは何だ?

演技者
フランダースの犬にだって一抹の迷いはあったはずだ物語の中では誰もが演じぬ者を演じる社会で生きるという事もまた一人の役者を演じる事に等しい

毒殺少年
最近一言日記ばっかりだったから、今日はまともなのを書きます。
お昼頃に自転車で隣町の薬局へ行きました。
隣町には二つの薬局があって、一つは年老いた御婆...

08月10日 客観に囲まれし空虚
赤いマントで興奮するのは、牛じゃなくて観衆。
牛は色が見えない。

08月12日 禁断症状
イライラする。
あの約束をしてから時は如何ほど過ぎたというのだ?
依存は僕の体を蝕み、僕は其れと一体化した。
離せば離そうとするほど、傷口は広がる。
紅い...

兎亀競争
「耐えるのじゃ、耐えるのじゃ」説教師はみな叫ぶ、
彼らこそ、日がな夜がな、頑張ってわめいているのだ。
「カメとウサギのお伽ばなしを思い出すのじゃ―――...

08月13日 除者
卒業アルバムの白いページ
みんなに寄せ書きしてもらうのに使うんだよね
――フリーページ「思想の欠片」を作成

08月14日 BHC
Benzene Hexachloride―ベンゼンヘキサクロライド―を昨日合成しました。
別名ヘキサクロロシクロヘキサン(HCH)とも呼ばれる、有機塩素系の殺虫剤の一つ...

08月15日 サイコパス
今日はARROWと映画を見に行った。
兄弟達も含めて合計4人でシネマを訪れた。
11:30と夜遅くだったので出費は1200円×4で済んだ。
実は僕、映画館で映画を見るの...

我が兄弟へ
兄は此れを見ている。
訪問者記録に残っている。
挙動から分かる、それとなく臭わせている。
ごゆっくりどうぞ、お客様。

08月17日思想の腐敗
http://ameblo.jp/※※/entry-10003455644.htmlに書き込みをしました。
__________________________________________________

(ameblo.jpでの書き込み)

■「誰もが書け、其れを読めるという環境は時として思想の腐敗を招く」

こんにちは、初めまして。
貴方のブログはある人の言葉を思い出させますね。
「誰もが書け、其れを読めるという環境は時として思想の腐敗を招く」

引用文中の事で貴方に質問があります。
トランス型脂肪酸を自然に存在しない脂肪酸だと仰りますが、
フマル酸に関してはどのような御了見で居られるのでしょうか?
食品添加物にも認可されている安全性の高いカルボン酸で、
涼飲料水やキャンデー等の酸味料や、
パンやクッキー等の膨張剤にも配合され使用されています。
そして勿論、自然界から取れます。

それに水素添加によりアルケンからアルカンに変化していますよね?
二重結合が解け、一重結合だけになった場合、
π結合が無くなりますのでシス、トランスの区別は無くなります。

最後に、
多くの先進国では毒物として扱われているとの事ですが、
日本では毒物と言うと、経口投与でLD50が30mg/Kg以下のものを主に指します。
この定義と同一の物が先進国で使われているとすると、
規制前に多くの中毒者や死者が出たと思われますが、
その様な事はありませんでした。
この事について如何お考えですか?

少年 (2005-08-15 09:57:34)
■ブログ

長文失礼しました。

少年 (2005-08-15 09:59:37)
■コメントありがとうございます!

>少年さんへ
コメントありがとうございました。化学は高校生レベルですので、申し訳ありませんがよく理解できませんでした。こんな私が、記事の引用するなよとお思いかもしれませんが、いろいろ参考にして避けられれば避けようという判断をしました。感覚的かもしれませんが、子育て中の主婦としましては、子どもには悪いと分かっているものを摂らないようにしてあげるのが当然と思います。おいしい・便利なもののあふれる現代社会ではなかなか無理な話ですが…。

※※ (2005-08-15 17:27:26)
■レス有難う御座います。

僕は高校一年生です。
そうですか、分かりにくかったですか。
では単刀直入に申し上げますと、「此れはエセ科学だから信じない方が良い」という事です。
最近はこの手の悪徳業者や勘違い人間がしたり顔で話しかけてくるので、どうか末永い人生、他人に騙されぬようお気をつけ下さい。
貴方のお子様の為にも、今から本を一冊お与えになられては如何ですか?勿論科学系の棚からどうぞ、

少年 (2005-08-15 18:53:30)

__________________________________________________


◆酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件その2へ続く◆

◆岩本亮平「絶望の世界/僕の日記」を読みました◆




〔PR〕
白い部屋/水口舞子
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


|

« 裏電車男 | トップページ | 酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件その2 »

コメント

ご丁寧にありがとうございます。また、当ブログにTBをしてくださりありがとうございました。今タリウムで話題になっておりますが、この子が行った行為については更生の余地があるのか?と考えてしまいますね。科学者全員がすべてではないと良く理解しております。今後ともこう言った犯行が世の中からなくなることを祈っています。大変、勉強になるご意見を頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ちくし | 2005/11/05 03:08

TBありがとうございました。
この女子高生、感情が無いのでは?と思ってしまいます。
今現在でも彼女の心には悪い事をしたという自覚がないのでしょうね...

投稿: yuring | 2005/11/05 09:07

TB有難うございます。
色んなブロガーさんからTBを受けてます。
物凄い事件になってしまいました・・
16歳という前途がまだある子供。。どうにかならないものでしょうか・・最近は子供の犯罪が目立ってきてますね。。嫌な世の中になりました。二度と同じ事件が起こらないことを願ってます。
またよろしくお願いします。

投稿: Micohs | 2005/11/05 13:56

はじめまして。
TBありがとうございます。
少女は、母親に対してどういう感情を持っていたのでしょう。
容疑は否認中のようですが、、母親の立場として哀しい事件でもあります。

投稿: nobori | 2005/11/06 07:58

BUTAさま、TBありがとうございます。日本ではこの事件、かなり話題になっているみたいですね。私の閑散としているブログにもたくさんTBがついてビックリです。

ameblo.jpでの書き込みのくだりですが、はじめて読みました。でも高校生にこんなこと言われるのはイヤですね。ちょっとサムい気がします。このコメントからはなんだか科学を神のごとく信じている少年像を感じるのですが、私は少なくともそんな気持ちにはなれませんね。それに不完全だからscienceなワケですし。

とにかく、この少女にはまず「死」という概念を理解してもらわなければなりませんね。

投稿: cooyou | 2005/11/06 11:18

すみません、検索でここにやってきた者なのですが、ちょっと教えていただけますか?

引用ブログ後半に(ameblo.jpでの書き込み)というのがありますが、ここに「少年」のハンドルネームで書き込んでるのが、問題の少女なのですか?
報道で化学に詳しいとは聞いていたんですが、想像以上って感じなんですが。ここまで知識をつけるって、大学まで行って体系的に化学を勉強してないと無理なのと違う?

投稿: 通りすがり | 2005/11/06 23:55

みなさん、コメントありがとうございます。

事件もすごいけど、反響もすごいです。
カウンタがぐるぐる回ってます。

(ameblo.jpでの書き込み)の「少年」が彼女です。
確かに私には理解不能な書き込みですが、専門の人によると2カ所ぐらい間違っているらしい。
さっきやってたテレビによると、普段が孤独なため、知識をひけらかして注目されたいという気持ちがあるようです。
そんな感じのカキコですね。

投稿: BUTA | 2005/11/07 00:41

彼女(僕)の気持ちを感覚的に分かる気がする。この種の事件は、増えると思う。子供の頃、昆虫や、動物たちと触れ合って、「殺した」世代は、「命」を知っているし、それ以降の世代は知らない。
「死」を身近に認識できないまま育っている。私も随分昆虫を殺したであろう。特に、虫眼鏡を使った授業では、「蟻」を殺した。
でも、今は、そんなことはしない。生き物の「生死」を知っているから。この少女は、「残念」ということか?

投稿: kazuo | 2005/11/07 06:27

BUTAさん、ありがとうございます。
やっぱり「少年」が彼女でしたか。専門家によると間違いもあるとの事ですが、それでも素人の私にも、この少女がずいぶん勉強してたんだなってのはわかります。
それなのになぜなんでしょうね?――「道さえ踏み外さなければ、その勤勉さで立派な化学者になれたのに」って感慨が湧かないんですよ。それどころかこの子には、化学はおろかあらゆる学問に携わって欲しくない。化学と言う社会に貢献する学問が、この少女に侮辱された感じがして、まだ16歳の子供だけど嫌悪さえ感じます。

なんだろ……この嫌な感じ、10年前のオウムのサリン事件をニュースで見たときとそっくりです。

投稿: 通りすがり | 2005/11/07 22:11

タリウムの事件は非常に気になっています。
個人的に社会的にも波紋は大きいですね。
私が疑問に思うことは、
この少女が数ある薬品の中からタリウムを選んだこと
そして、殺人計画の対象に自分の母親を選んだことです。

投稿: キララ | 2005/11/08 20:16

産みの母親を選んだ理由は私にもさっぱりわかりません。
ただタリウムは無味無臭との事なので、強いて言えばそれが選んだ理由なんでしょうかね?
ameblo.jpでの書き込みやあのブログの内容から見ても、自意識と自己顕示欲旺盛な子みたいなので、青酸カリとか農薬みたいな誰でも知ってる毒物は使わず、知名度の低いタリウムを使ってマニアックなところを見せたいと言う願望があったのかも知れないですね。

投稿: 通りすがり | 2005/11/08 21:12

みなさん、書き込みありがとうございます。

この少女がタリウムを選んだのは、「グレアム・ヤング」を崇拝しているからです。
彼ははじめアンチモンを使っていましたが、やがてそれより強力で痕跡が見つかりにくいタリウムを使うようになったのです。
タリウムはナチスの開発した毒で、体調に変調をきたすものの、死因は人それぞれ異なる形になるので、原因究明が難しいそうです。

刑期を終えて就職したカメラ工場に無造作に置いてあったタリウム。何でそんな会社に就職してしまったのか、運命のいたずらなのか、意図的なのか、結局そこでも事件を起こしてしまいます。

少女の方も、タリウムだけでなくアンチモンも持っていたような書き込みがありましたね。

なぜ母親かの方は、ブログからはよくわかりません。

投稿: BUTA | 2005/11/08 22:04

なぜ母親なのか
それは観察することが目的だったからかな?
他人だと出来ないし・・・

投稿: 通行人 | 2005/11/11 12:19

この少女のamebloへの書き込みは始めてみました。化学科の人間から見るとそこそこ専門的なところまで行っていたようですね。是非お友達になりたいところです。彼女に足りなかったのは、ダークなメンタリティを認めてくれる、褒めてくれる友人ですね。周りと合わないが故にわざわざ頭の良さを誇示する必要が出てくるわけです。

投稿: caffelover | 2005/11/13 00:11

TBありがとうございます。
どこでも議論がなされているのですが、少し違うのではと思うことについて書かせて頂きます。
彼女を「少年」や「僕」を名乗っていたことから、俗に言う二重人格だと判断される方がいらっしゃるのですが、それは間違いです。
根拠は長くなるので、知りたい方はどうぞブログにコメント入れてください。

なぜ母親か、それは母親がいなくなっても代わりの家事をする人間(祖母)もいて、父親だと収入源がなくなるから…だと言われています。

投稿: 由起 | 2005/11/14 07:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9859/6871435

この記事へのトラックバック一覧です: 酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件:

« 裏電車男 | トップページ | 酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件その2 »