« 酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件 | トップページ | [NEC Direct キャンペーン] »

酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件その2

◆酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件その1から読む◆


孵化と変身
最近僕が僕でない気がします。
僕はこんなに攻撃的ではありません。
僕はもっと臆病で泣き虫です。
彼女がこの役をしていた時は僕は今よりずっとずっと強くて、...

バトンの鎖
バトンだって、早いうちに答えておくことにするよ。
「フェテシズムに関する質問」☆あなたは何フェチ?A.手と眼球☆好きな人を見て先ず、何処を見る?A.瞳...

08月19日 酢酸タリウム
8月18日晴れ今日薬局から電話がありました。
問屋が“酢酸タリウム”と“酢酸カリウム”を間違えたらしいです。
直ぐに取り替えるそうですが、待ち侘びている...

嫌疑
昨日から母の具合が悪いです。
全身に発疹が起こり、特に顔面に症状が強く出ています。
今日は皮膚科へ行きましたが、医者もただ首を傾げるばかりで原因は分か...

08月20日 実験01日目
ハムスターのアンチモンに対する耐性及びアンチモンの毒性に関する調査
被毒個体体重 41g生後 5,6ヶ月性別 メス投与 酒石酸アンチモンカリウム1ml/2.5mg(経口...

実験02日目―12:17―
2日目 晴れ 気温30度―12:17―
エサ 枝豆1粒、ミルワーム1匹
被毒個体もミルワームを食べた。
枝豆には手をつけない。
前日に与えたもの(桜の枝葉を除く)が見...

実験02日目―23:16―
エサ 豚肉2g、白米4g
今日の体重は対照個体36g、被毒個体38gでどちらも減少していた。
エサの量が少ないのだろうか、
明日は炭水化物を多く与えること...

実験3日目―18:53―
3日目 晴れ 気温29度―18:53―
エサ 白米3g、ゴマ1gゲージの掃除を行った。
被毒個体のケース内に多量の食べ残しが認められた。
また、対照個体の方はほぼ完全...

実験3日目―23:11―
鳴き声は治まった。
今日の体重は対照個体39g、被毒個体38gであった。
被毒個体の体重が増えないのは、やはりアンチモンの所為だろうか。
あと12日

実験4日目―12:58―
4日目 晴れ 気温33度―12:58―
エサ パン4g
今日は特別暑い、被毒個体、対照個体共に元気が無い。
扇風機を回してはいるが、ただ熱気を掻き混ぜるだけである。...

08月21日 実験4日目―23:20―
エサ ミルワーム10匹、キャベツ5g
今日の体重は共に37gと減少していた。
ミルワームや新鮮な野菜を好むようなので、それらを多目に与えることにする。...

08月23日 魚族哀思
嗚呼、如何か僕をお許し下さい
迫害の風に晒されて空へと飛んだのは5年前
夕焼けは甘く海へ溶け込み浜の魚は月を見上げた
遠い宇宙に浮かぶ月はまるで水の中にい...

操る人形
狡猾能く人を欺騙しえる人間になれたらどんなに楽しいでしょうか、
僕の演じる事が出来るのはただ一つの役だけです。
そう、観客。傍観者。
群れに逸れた羊。
舞...

08月24日 消滅
僕の中に居る彼女の存在を感じなくなりました。
消えてしまったのでしょうか。
とても寂しいです。

実験5日目―17:28―
5日目 晴れのち雨 気温30度―17:28―
エサ ミルワーム5匹、キャベツ4g
特に変わった事は無い。
被毒個体も鳴かずに大人しくしている。明日は朝早くから東京...

実験7日目―22:35―
7日目 晴れ時々雨 気温32度―22:35―
エサ キャベツ35g、ミルワーム5匹、白米5g、ゴマ1g
何という事だ、エサやりが全く為されていない。
餌入れどころか、水...

小さな友達
8月24日眩しいほどに晴れ酢酸タリウムが届きました。
薬局のおじさんは「医薬用外劇物」の表示に気付かず、必要な書類な書類を通す事無く僕に其れを渡してき...

実験8日目
8日目 晴れ 気温29度―12:34―
エサ 白米4g、キャベツ5g
昨日の食べ残しと紙屑で部屋の中が汚れていたので掃除をした。
―23:02―エサ マーガリン2.5g、...

08月25日 殺風景
今日は部屋模様換えをしました。
しかし、依然として僕の部屋は殺風景です。
青い壁面にぽつんと1つ掲示板が掛かっているくらいです。
今度何処かへ出かけたら...

夢魔
変な夢を見ました。
僕が彼女を食べる夢です。
僕は彼女を手、足、胴体、頭の順に食べました。
細い腕は魚みたいに痙攣していて、引きちぎれても未だ動きました...

08月26日 実験9日目―19:40―
9日目 台風 気温25度―19:40―
エサ 白米4g、鰹節1g
台風の所為だろうか、どちらの個体も小屋に篭もっている。
覗いてみたら気持ちよさそうに寝ていた。もう...

浸透
お腹が痛いです。
原因は解っています。タリウムです。
昨日、それの水溶液を誤って指に付けてしまったのです。
直ぐに手を洗ったのですが、指先は白く濁ったままです。...

真実の口
たまには真実も喋ろうと思います。
僕は貴方に隠し事をしているのですが、此処では言いたくないので、http://6128.teacup.com/rabbit/bbsに隠しておきました。...

実験10日目
10日目 晴れ 気温28度―14:38―
エサ 白米4g、ゴマ1g、小枝2本、ミルワーム3匹
部屋の掃除をした。
特別此れといって変わった事は無い。
暇だ。あと4日の辛抱...

08月27日 解毒薬品製造元
寝ても起きても気持ち悪いし、指先とか脚とかが痺れてきたので、解毒剤を作りました。
タリウム中毒の治療はプルシアンブルーと塩化カリウムの経口投与によって行なわれます。...

僕のいない教室
痩せた子猫は空を見上げる
ノートの中の青い線引き
黒く塗り潰された名前僕の名前
このノートの持ち主はもう居ない
机の上の花瓶には紅く色あせた菊が一輪濁った...

実験11日目―19:30―
11日目―19:30―
エサ 白米3g、ゴマ1g、にんじん1g、ミルワーム10匹
水を入れるとき、間違って被毒個体にかけてしまった。
濡れた体のままでは可哀想なので、ア...

08月28日 心臓の無い老人と幼き妻
今日は物語を書きました。
心臓の無い老人と幼き妻の話です。
_____________________________________
丘の上の老人の心臓は遠く彼方に住む小鳥リィリィと泣くそ...

実験12日目
12日目 快晴 気温29度―23:13―
エサ 白米5g、人参1g、雑草2g
被毒個体の体重は36gで昨日に比べマイナス1g、対象個体は39gで変わりなかった。
もっと減ると...

08月29日 実験13日目
13日目 晴れ 気温28度―14:38―
エサ 南京豆4粒、白米4g、ミルワーム35匹
体重は共に変化なし。
あと1日、明後日は解剖の日です。
秤は化学室のものを使おう...

08月31日 蝋燭
暗い部屋で、蝋燭の炎を見る。
ゆらゆら、ゆらゆら、おもしろいよ・・・

実験14日目
14日目 晴れのち雨 気温25度―23:59―
エサ 白米4g、ミルワーム5匹、雑草2g
被毒個体に右手の人差し指を噛まれた。
遂に精神にまで異常をきたしたか?
僕はた...

09月01日 延期
今日は一日遅れてしまったけど、ハムスターの解剖をするため学校に連れて行きました。
そして早速麻酔を掛けようとしたら、化学部のニイズマ先生が「こんな温...

うつろうもの
部活の時、彼は一度だけ訪ねて来ましたが、挨拶だけして直ぐに帰ってしまいました。
と言うより気付いた時にはもう居ませんでした。
前々から「欝だ、憂鬱だ」...

09月02日 不器用な違和感
今日はなんだか変だった。
1時間目の生物の授業からおかしかった。
先生が僕を避けている様な気がした。
いや、実際避けていたのか。
僕が話しかけると少し顔を歪...

09月04日 夜は狂喜
生き物を殺すという事、
何かにナイフを突き立てる瞬間、
柔らかな肉を引き裂く感触生暖かい血の温度。
漏れる吐息。
すべてが僕を慰めてくれる。

09月08日 消えない染み
9月8日晴れ
テストが終りました。
三教科なので2時頃に解散となりました。
未だ日は高く帰るには早いと思い、暫く化学職員室で他愛の無い話をしてから帰ること...

09月12日 弱く強い力
9月12日晴れ
今日も母の調子は悪いです。
2,3日前から脚の不調を訴えていたけど、遂に殆ど動けなくなってしまいました。
二階にある僕の部屋まで来る事も出来なくなりました。...

09月13日 薄氷の上で踊ろう
今日は体育の補修で500mを泳ぎました。
カフェ錠を飲んでいたので、比較的楽しく泳ぐ事ができました。
しかし着替えをしていた時後頭部が熱くなって、頭全...

抽出方法
アトロピンの抽出朝鮮朝顔の根もしくは葉を熱湯で湯掻き、炉液をケン化させる。
アルカロイドが沈殿するため此れを濾過し、希硫酸を加え硫酸アトロピンとする...

09月15日 チェロ
ホームルームが終り、直ぐに僕は先生のもとへ行きました。
教室には未だ人が居て、何人かの人は此方を観ています。
暫く先生の顔を見た後こう切り出しました。...

09月16日 朽ちる魂
母からチェロの居なくなる数日前の事を聞きました。
裏庭から猫の鳴き声がするので外に出たそうです。
其の日の空には重たい雲が立ち込めていましたが、雨は降...

09月17日 蜘蛛の糸
彼のことはもう気にしない。
デフォルトで挨拶しない。
あはは、少し無視したら何も言わずに帰っていった。
馬鹿みたい。
いい年こいて、其れ位で悲しむなよ。
大...

09月18日 狼
狼はトナカイを殺すが、同時にトナカイを強くもする。
狼が居なければ群れ全体に弱さの毒が回り、やがて其の群れは滅亡する。
群れを破壊するのは僕。天敵の居...

09月19日 過去と現在と現在の延長線
現実の方が大変になってきてしまったので、暫くブログの更新を停止します。
すいません。
あと、コメントくれたのに返せなくてごめんなさい。
落ち着いたらまた...

09月26日 愛しい君へ
9月25日
おはよう。
君とは何時も部屋の中で話すから、いざ打ち込もうとすると言葉が出てこないや。
ごめんね。
君は強いよね、君は泣き虫だけど弱虫ではないもの...

ただいま
明日、母は入院します。
未だ原因は不明のままです。
残念な事に母は余り良い保険に加入していないため、生活は少しばかり苦しくなるでしょう。
少し楽になった...

09月27日 かくれんぼ
隠れる事は喜びでありながら、見つけられない事は苦痛である。
見つけられることは危険である。
しかし其の逆に、自分が存在していることを確認するためには、誰かに見つけられるしかない。...

10月02日 追撃
9月27日
8人の援護班は現地に到着。
茶色く濁った水に囲まれ、行く先は見えない。
ただ深淵の底で僕は独り佇む。
帰ってきたら母は居ず、見知らぬ車が停めて...

自殺補助
9月28日
母はよく泣くようになった。
僕に“毒を造って欲しい”“誤って飲んだ事にして貰いたい”とぼやく。
自殺衝動が出始めたようだ。
僕は“そんな事言っ...

眠りの森
9月29日
今日は調子が良い。
何でも新しい薬を貰ってきたという。
病名も分かった、ストレスによる多発性神経炎だそうだ。
検査で何も出なかったからそう判断...

KEEP OUT
9月30日
12人は輪になって踊る。
丘の上で死体を数え、微笑みながら飲み交わす。
撃ち殺された男の匂い、引き裂かれた女の匂い。
突き刺された赤ん坊の匂い、...

音色
10月1日
銀色のベルを揺らせば涼しげな音が鳴るだろう
銀色の刃物の先で命が震えている此れはどんな音色を奏でているのか。
母の顔を暖かいタオルで拭いてあげた。...

10月04日
輸送
10月2日
母は入院した。
父が呼んだ救急車で連れて行かれた。
入院先は近くの病院、布製の担架で運ばれて行った。
父も同伴した。
少し悲しそうな顔をしていた...

見舞い
10月3日
今日は病院へ行ってきた。
祖父母と兄と僕とで母の見舞いに訪れたのだ。
先客として叔母さんが居た。
まあ、呼ばれて行ったのだから当たり前ではある...

10月16日 前提
父と兄と僕とで見舞いに行ってきた。
他にも叔母さんや、親戚の方々がいた。
父は母のステロイド投与が延期されたのに対して、怒りを顕にし、医者の方々に噛み...

保険
星が空から落ちる。
兔たちはオーブンの中で草むらの記憶すらも硬化させる。
500mgに増やしたステロイドの影響だろうか、顔の腫れが目立っていた。
Gumは今日は...

騒音
部屋が変わっていた。
4階のB棟、3人部屋だ。
GumがE棟だったなどとほざくため、探すのに少し手間がかかった。
若い先生に案内してもらってようやく着いた。
とに...

準備
兄が帰ってきた。
午後2時に起床したが、僕は今日見舞いに行かなかった。
長男は母の変わり果ては姿を見て、大変驚いた様子を見せた。
“海に連れて行ってくれた...

部屋替え
部屋が変わったらしい。3E08

転落
9時半起床、図書館に本でも読みに行く事にしよう。
広場ではお祭りをしていた。
焼き鳥屋の小母さんにお弁当の残り(から揚げとエビフライ)を貰った。
“私達、お...

知識
血圧は上が115、下が85であった。
殆ど戻ってきたところだ。
しかし病状は悪化している。
日直の先生も異常を察し、集中治療室へ連れて行った。
今日は説明室で説...

宗教
今日の4時20分ごろ韮山の図書館に出かけ本を読んでいたが、5時になり、帰ってくると祖父の車がなかった。
見舞いに出かけたらしい。
そう考えた僕は、借りてき...

視線
特に変化なし、今日も昨日と同じように写真を撮って帰った。
長男に目つきが怖いと言われた。
寒気がするって、僕は“毎日この顔を洗面台の前で見ているんだぜ...

鋏と糊
僕の日記から見せられない部分を切り、貼り付けた。
其の為、意味の通じないところも在るだろうが、其れは其れで良いのである。

演技
今日の朝、先生に筆記用具を借りた。
其の時泣きながら母の話しをして、同情を得た。
人って案外簡単に騙されるものなんだと思った。
6時前に祖父の運転する車に...

幻覚
叔母が言うところによると、母は幻覚を見始めたらしい。
居もしない虫や、ドアの傍の白い陰に悩まされていると言う。
血圧は150前後にまで落ちたが、まだまだだ...

麻薬
蒼ざめた馬の通る道に、規則は存在しない。
暗闇を進む足跡は草木を枯らし、死を招く。
其処に生命は宿らない。
在るのは寂しい同じ形。
彼等は規則の存在を許さ...


---------------------------------------------------

日記はここで終わっています。

「僕以外の全ての人にオキシトシンを嗅がせたい」

というところで、これは何か有毒物質なのだろうと思ってしまいましたが、どうもそうではないらしい。

ググってみると、はっきりとはしていないらしいが、
子宮(筋)収縮ホルモン。
記憶や学習をつかさどる脳の中心部にある「海馬」に直接働き、長期増強に影響。(その反対に、記憶を失わせるという説もある。)
「母が子を体内で育て分娩し、哺乳する」ために、必要な母子をつなぐホルモン物質であることは間違いない。

など、いろいろ出てきます。

おそらくこの女子高生は、「記憶を失わせる」効能を言いたかったのではないかと思われますが、「母子をつなぐ」効能があるなんて、何とも皮肉としか言いようがありません。

10月20日に彼女は毒を飲んで自殺未遂しました。母親は現在も重体です。

本 : グレアム・ヤング 毒殺日記
アンソニー ホールデン ( Anthony Holden )原著, 高橋 啓 (翻訳)
価格: ¥1,575 (税込)
(注)ただいま売り切れ。増刷予定だそうです。


◆岩本亮平「絶望の世界/僕の日記」を読みました◆へつづく

◆最初から読む◆



〔PR〕
白い部屋/水口舞子
通販ネットショップ激安◆名もない店◆
お小遣い?おこづかい?DREAMCLUB
お小遣いとネットショップ


|

« 酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件 | トップページ | [NEC Direct キャンペーン] »

コメント

どうしていいのか分からない。ただただ心が痛い。もうどうにもならない。

投稿: abc | 2005/11/06 19:55

未成年の事件があると、必ず、家庭環境に問題がある、家族の愛情が足りないなどと書かれますが、同じような、あるいはもっと不遇な家庭環境であっても、このような犯罪をしない子供がほとんどです。周囲の責任もあるなどと書くので、子供はよけい罪の意識が薄れるのではないかと思います。この事件を母親の愛情不足などと考えるのはもっての他だと思います。本人の資質、もしくは脳細胞の本人の病気だと思います。

投稿: 寺山 | 2005/11/07 13:06

病気というより長期間孤独で愛情が足りてない子供だと思う。
部屋の中に薬品を持ち込む等、親子関係が成り立ってれば
実験とは言ってもいくら頭の良い我が子でも
16歳の女の子の部屋に蛙の死体が飾ってたら
子供を見ている親はそれを無視するだろうか・・・?
兄も親も家族そろってそれを放置して誰も止める人がいない事態変だよ。
家族の中で打ち解けた会話もあまりされてないように思う。
彼女は兄に対して皮肉に近い言葉をかけてる。
日記から見るにこれまでに学校でイジメもあったみたいだし。
孤独だったのは間違いなく、誰にも殆ど相手をされなかったように思う。
それに人を殺すか殺さないかは彼女自身の良心の問題。
彼女が病気なんて事は無いと思う。

投稿: umi | 2005/11/07 18:37

心の病気。家族も彼女もかわいそう。成育歴とかこういうのって問題にされること多いけど、問題のない完璧な家族ってあるの?理由を皆が安心するためにこじつけてる気がとてもする。
化学に傾倒しすぎて方向性を踏み違えてしまったんだよね。多感な年齢に孤独はきついよ。逃避の仕方が歪んでしまったんだなとおもう。
でもどんなに共感しても、自分って人間はひとりなのに、毒殺日記の著者に共感しすぎ投影しすぎてしまったのかと思ったり、そんな単純じゃないだろうけど。友達とか集団生活の中で適応障害だったのに、黙殺されて経過してしまったようで。
でも世間はあったかいようで、ク-ルだしね、反対のときもないわけではないけど。道を踏み外す人がいないように、嫌いな人にも優しく見守る度量がないとね。難しいよ。
家族の方、彼女も自分自身も責めないで!と願います。

投稿: siro | 2005/11/07 22:18

日経サイエンスの記事に有りましたが、オキシトシンをかがされた人は目の前にいる相手を信用する傾向が高くなるそうです。対人恐怖症の改善に役立つかもしれないとも書いてありました。この女子高生の場合、他人にかがせたいと書いているので、自分の対人恐怖症をどうにかしたいというのではなく、周囲の人達に自分の事を信じて欲しいと思っていたのかもしれませんね。本当のところはどうなのかは、彼女自身にしか分かりませんが。

投稿: 隣のとろろ | 2005/11/08 16:09

みなさん、書き込みありがとうございます。

本人が悪いのか、家庭や環境が悪いのか、難しいですね。みなさんの意見を読んで、性善説か性悪説かという議論になっているような気がしました。

報道によると、彼女は母親は好きでも嫌いでもないようなことを言っていました。父親はおこづかいをくれるから好き、だそうです。

お金をくれる人は好きだけど、そうじゃない人はどうでもいい。
少なくともそういう家族関係の人は滅多にはいないんじゃないでしょうか。「絆」のかけらも感じられません。

ちなみに父親がおこづかいをくれるのは、パチンコに勝ったときだそうです。


オキシトシンにはそんな効果もあるんですね。隣のととろさんの言う通りかもしれません。裏返すと、自分は誰からも信頼されていない、という気持ちがあるのでしょうか。

投稿: BUTA | 2005/11/08 23:02

部屋に動物の死体なんかがあれば、僕なら面白い奴だと思って話し掛けるところですが、実際そういう人物が周りにいるとは限りません。問題はそこです。

投稿: caffelover | 2005/11/13 00:14

トラバさせてもらいます。かわいそうな子ですよね、彼女は。

投稿: 美海 | 2005/11/17 12:34

人の中に悪霊が入ると、人格が変わります。彼女の中に確かに悪霊がいるのです。悪霊は殺すことが好きです。彼女の文にそれが書かれています。多くの少年犯罪は正に悪霊の働きなのです。その悪霊を追い出すことが鍵です。多くの人が悪霊が出て行き、正気になっているのです。カリスマ派のキリスト教会では悪霊を追い出してくれます。悪霊は生涯付きまといます。できるだけ早く、悪霊を追い出さないと、被害は大きくなります。自殺も悪霊の仕業です。

投稿: Qちゃん | 2005/12/06 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9859/6875608

この記事へのトラックバック一覧です: 酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件その2:

« 酢酸タリウム女子高生殺人未遂事件 | トップページ | [NEC Direct キャンペーン] »